初めてのカメラ

| コメント(6)
ちょっと昔話。

僕がカメラに興味を持ち始めたのは中学生の時。父親のカメラを借りて写真を撮ったのが始まりでした。
一体どういうカメラだったのか、よく覚えていないんですが、レンズ固定式のレンジファインダーで、セレンの露出計が付いていたのは覚えています(実家に帰ったらあるんですけど・・・ちなみに今はもう動きません)。

それまではオートフォーカスのコンパクトカメラしか使ったことがありませんでした。自分でピントを合わせ、露出計の針に合わせて絞りやらシャッタースピードを変えるのが楽しかったのをよく覚えています。
それから写真入門の本を買い、来る日も来る日も端から端まで読んでいました。

その翌年のお正月、お年玉とお小遣いを握りしめた僕は広島のダイイチ(今のデオデオ)本店に向かいました。
当時はそこで中古のカメラも売っていたんですね。僕はキヤノンのAE-1プログラムというカメラとNew FD 50mm f1.8というレンズのセットを買いました。たしか2万円だったと思います。当時の自分にしては思い切った買い物でした。

店員さんは説明書もない一眼レフを買おうとする中学生に、フィルムの入れ方からピントの合わせ方、セルフタイマーやAEロック、絞り込みプレビューに至るまで一通りの操作方法を教えて下さいました。ストロボもあった方がいいよ、と言われて2000円くらいのストロボを買い、これも使い方を懇切丁寧に教えて下さいました。

このカメラは友達と遊びに行く時や、旅行、大学に入ってからは山登りにと、いろいろな場所に持って行きました。
今はメインで使うカメラではなくなりましたが、これだけは手放すまいと思っています。

そしてあの店員さん、名前も覚えていませんが、あの方に操作方法を教わらなければ僕のカメラライフはずっとつまらないものになっていたでしょう。
今ってそんな店員さんいるのかなぁ。

コメント(6)

 ブログ開設おめでとうございます☆

 カメラ暦って長いんですね。AE-1プログラムってググッたら、軍用カメラにも採用されていたんですね。

はじめては、AE-1プログラムですか。
自分にとっての1代目はA-1でした。高校1年生の夏休みにアルバイトをして買いました。当時、新品で50mm標準レンズ付で10万円で買いました。一日のアルバイト代が5,700円ぐらいでした。
A-1を肩に担ぎ、ロ-ドマンでいろいろと写真を撮りに行っていたものです。
10年くらい前にKISS?を購入しリバーサルに凝ってましたが今はもう全然です。

 りゅうじさんでも知らないことなんてあるんですね。もっとも、ネットで見ただけですから、信憑性は不明ですけどね。
 一応参考までに私がみたサイトを貼っておきますね。
 http://canon-a.fantastic-camera.com/index.html

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年2月 4日 21:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブログ開始」です。

次のブログ記事は「ケータイ対応」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。