e-Taxへの道のり

| コメント(0)
確定申告の時期ですね。

e-Taxという電子申告のシステムがあります。
こちらによりますと、e-Taxを用いた確定申告のメリットは、
  • 最高5,000円の税額控除
  • 添付書類の提出省略
  • 還付金がスピーディー
  • 24時間受付
だそうです。

じゃあe-Taxによる確定申告をするにはどうすればよいか。
必要なものがこちら
  • ICカードリーダー
  • 電子証明書
ICカードリーダーは電気屋さんとかで売ってます。2000円台くらい?
電子証明書ですが、一般には各市町村で発行してもらいます。

呉市で電子証明書を発行してもらう方法はこちら
「電子証明書を格納する本人の住民基本台帳カード及び身分証明書等を持参の上、市民課、川尻支所、音戸支所、倉橋支所、蒲刈支所、安浦支所、豊浜支所又は豊支所に申請してください。」
だそうです。言い方を変えると、例えば広支所や昭和支所では電子証明書は発行できないってことです。

呉市の市民課に電話で具体的な方法を問い合わせてみました。
  1. 電子証明書は住基カードにデータを入れる形になるので、住基カードが必要
  2. 住基カードの申請は各支所でできる
  3. 申請をすると照会書が郵送される
  4. 照会書に必要事項を記入し、身分証明書を持って窓口へ行き、住基カードを受け取る
  5. 住基カードがあれば電子証明書がもらえるが、その手続きは市民課、川尻支所、音戸支所、倉橋支所、蒲刈支所、安浦支所、豊浜支所又は豊支所でないとできない
  6. よって、例えば広支所で申請を出した場合、受け取りは市役所の市民課にしておいた方が役所へ行く回数は最小で済む
ということでした。

想像ですが、川尻や音戸などは呉市に合併する前に電子証明書のシステムを入れてたから、合併後もOK、ってことなんでしょうか。
でも川尻の人が川尻支所で申請できるのに、焼山の人が昭和支所で申請できないって正直どうなんですかねぇ。

ここまで手間かけて5,000円-カードリーダー代-電子証明書申請費で約2,000円のためにe-Tax使うかどうか迷ってます・・・

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年3月 3日 18:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「再びカスタマイズ(サイドバーにTwitter)」です。

次のブログ記事は「標準レンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。