標準レンズ

| コメント(0)
久しぶりに極私的写真講座、いきます。

一般的に35mmフィルムサイズ換算で、焦点距離50mm前後の物を標準レンズといいます。
まぁ、何を持って標準、っていうのかは議論があるところなんですが・・・35mmが標準だっ!ておっしゃる方も多いですが、一般論として、ね。

この焦点域のレンズは、人間の目の遠近感に最も近いと言われています。
なので、自然な遠近感を出したければ50mm、ってことになります。
あと、各社のレンズラインナップで最も明るいレンズが揃っているのが標準レンズの特徴。
だから、どーしても明るいレンズを使いたい、という時は標準レンズの出番なんですね。
絞りを開いて撮れば望遠で撮ったような浅い被写界深度、絞り込んで撮れば広角のようなパンフォーカス写真が撮れます。
なので、「レンズは50mmに始まり50mmに終わる」なーんてことをおっしゃる方もおられます。

僕も単焦点レンズを使う場合、一番使用頻度が高いのは50mmです。
クセのない遠近感、画角は若干狭めで画面を整理しやすい、というのが理由でしょうか。
長い事50mm一本しかレンズを持っていなかった、というのが最大の理由かもしれません・・・

というわけで、やっぱり基本なんですね。ズームしか持ってない人も、50mm、APSサイズデジカメの場合は35mmの単焦点が一本あると撮影の幅が広がります。

作例を・・・と思ったのですが、当たり前すぎて適当な作例が手元にありません(泣)ご容赦を。

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年3月 4日 21:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「e-Taxへの道のり」です。

次のブログ記事は「広角レンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。