アツい

| コメント(8)
宮島パワートライアスロンと全日本選手権を観戦してから1週間。

自分の中で何かがアツいんです。
あんな走りは絶対無理ですが、遅いは遅いなりに目標を持って走りたい!といつも以上に晴れ間を狙って走りに行きました。
twitterを見ても他の部員の皆さん、ジテツウに練習にとよく走っていらっしゃいます。やはり思う所は同じ、なのかな?

今日は午後から家族でお出かけする代わりに午前1時間だけ走る時間をもらったので出発。
いつもの広銀前を通りがかるとサカイさん発見!
「いやぁ〜、掲示板に書いたんですけど・・・」って、スンマセン、僕も見てなかったです。

誰も来そうにないので二人で出発。僕は1時間しかないので仁方で引き返すコース。この時サカイさんのコースは聞いていませんでした。

サカイさん先頭でスタート。30km/hちょいくらいで走ります。
小坪のあたりで先頭交代。僕は距離が短いからちっとは頑張っとかないと。短い坂は一気にダンシングで上り、平坦は35~40km/hくらいで走りましたが、さすがにサカイさんはぴったり付いてこられます。
一方僕は心拍数が170~180くらい。だんだんとしんどくなってきて再び先頭交代。
仁方の住宅が増えてくる手前でサカイさんと分かれ僕はUターン。
(サカイさんはその後野呂山を登られたそうで。タイムは40分だとか・・・速っ!)

いつになく飛ばしたのですでにヘロヘロの僕は呼吸を整えながら小坪に引き返しました。
このまま帰るのももったいないのでいつもの峠へ。
ちょっと登るとガスは出てるし蒸し暑いし・・・でも39×24Tで登りきりました。
(やっぱり28T使うのはシャクなので昨日12-25Tを注文してしまったのはここだけの話)

最近ずっと一人で走る事が多かったですが、人と走るといつも以上に頑張らんといけんのでいい練習になります。
逆にサカイさんは僕じゃ練習相手にならんかもですが・・・これに懲りずにまた遊んで下さい。

コメント(8)

先日はお疲れ様でした。
結構なハイペースで走られるんで、気合を感じました。
本当は下蒲刈を適当に走って帰るだけにするつもりだったのですが、りゅうじさんの「アツい」何かに影響されまして野呂山突入となりました。

 アツいですね。分かります? プロの走りは無理でも、プロが全力で走る姿をみると影響されますよね。
 私もリアカセットは11-25くらいを購入予定しています。速く走る人から、ヒルクラで速くなろうと思ったら、軽いのをクルクル回すだけじゃ限界がありますよって言われて、すぐ変えようって思いました。
 みんなで、野呂山へ逝きましょう?

>スピードはともかく屈辱の『足つき』ギリギリのレベルを味わいたい」というしょーもない理由だったりします。

 そこ凄く分かります。同じドMの香りがしますね。なんてね、辛いほど、登りきれた時の達成感や満足感が高く、それまでの辛さを忘れちゃいますよね。

オイラも脱・コンパクト希望。
しかし、先立つものが...

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年7月 4日 22:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「全日本選手権観戦記」です。

次のブログ記事は「妻用デジカメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。