中央森林公園

| コメント(7)
広島空港にある、中央森林公園が7月20日から10月15日までコース整備のため走行できないらしい・・・
という話を聞いたので、7月17日に走りに行くことにしました。

同行して下さったのはアカシロさんとアカシロさんのmixi日記に度々登場するHさん。Hさんとはお初ですね。
土曜日は午前中に用事があったので、お昼に着くように出発。
僕は車に自転車を積んで行ったのですが、アカシロさん達は玉津サイクルから自走で来られました。

道中は相当暑かったらしく、若干テンション下がり気味のお二人。
まぁのんびり行きましょう・・・って、お二人のペースに合わせると僕は心拍160台だったんですがorz

ゆるい下りを快調に走る三人。
途中で止まっているロードの人を発見。

「パンクですか?」
「休憩です」・・・あいすいません(汗)

その直後に事件は起こりました。
突然僕の自転車のリアタイヤがロック!
キューン!プシュー!!
リアがバーストしたよ・・・っていうかロックしたままじゃん!しかも下り坂だし!!
当然リアブレーキは効かず、フロントブレーキを思い切りかけるとジャックナイフしてしまう。
ゆるーくフロントブレーキをかけ、リアをロックさせたままなんとか落車せずに止まることができました。

僕はチューブラータイヤを履いているんですが、パンクした時の予備用タイヤをサドルの下にストラップでくくりつけているんです。
このストラップが走行中にゆるんで予備タイヤが外れ、リアホイールに巻き込まれてロックしていたのでした。
(帰宅後に再度検証したところ、ストラップの金具への通し方を誤っていたことが判明しました)

落車せずに止まれたことが不幸中の幸いでしょう。
クローズドコースでなければ大事故になっていたかもしれません。

とりあえずリアホイールを外し、タイヤを剥がしにかかります。
チューブラータイヤって、リムセメントという接着剤でリムに貼り付けてあります。
普段はこのタイヤ剥がしってかなりの力仕事なんですが・・・・あれ?簡単に剥がれる。
(これも後で調べましたが、高い気温+路面からの熱+おそらくロックさせたことによる摩擦熱でリムセメントの接着力が弱くなっていたようです)
予備タイヤは大きな損傷はないようなので、これを装着します。

作業していると先程の休憩されていた方が颯爽と駆け抜けて行きます。人のパンクの心配してこっちがパンクするとは・・・
汗だくになりながら空気を入れ、再スタート。
しかしリムセメントの接着力がかなり弱いのでペースは上げることができません。
後半はきつい登りがあるのですが、ダンシングするとタイヤが外れそうなのでひたすらシッティング。それでもバルブの位置がずれてくるのがわかります。

何とか公園センターまで帰ってくることができました。
車に自転車を積み込んで(自走じゃなくてよかった・・・)いたら、アカシロさんもパンク。ありゃりゃ。
アカシロさんもチューブを交換して帰路につくことにしました。

竹原のすき屋で遅めの昼食。アカシロさんとHさんは玉津サイクルさんにもう一度寄るそうなので、一足お先に車で向かいました。
玉津サイクルさん、店の前は何度も通ったことがあるのですが、中に入るのは初めてでした。
店の中はカーボンフレームはもちろん、チタンやらクロモリやら・・・チネリのスーパーコルサ(それもロッソフェラーリ)、実物を初めて見ましたがかっこええ・・・コルナゴのMaster X-Lightも塗装がめっちゃ奇麗・・・
パーツも雑誌でしか見たことがないようなカンパの古ーいディレイラーを発見したり。すげぇ。
しばらく店の中を見せていただいているとアカシロさん達も帰還。他のお客さん達と自転車談義で盛り上がったり、有意義な時間を過ごすことができました。

しかし、ストラップの留め方を誤っていたのはいけませんねぇ。一歩間違えば大怪我でした。深く反省。もう次からは間違えません。
ロードバイクでパンクは2回目ですが、どちらもバーストだったのは仕様でしょうか?
バーストしてもタイヤそのものを交換するチューブラーは自走が可能ですが、夏にあんだけリムセメントがゆるくなるのもどうかと。かといってミヤタのチューブラーテープは粘着力が強力すぎて剥がすのに難儀しそう。
チューブラーが減っていく一方、クリンチャーが進化してきた理由が分かった気がします。

普段の練習やロングライドはクリンチャーにして、ここぞという時にチューブラーにするかなぁ。
でもクリンチャーのホイールってWH-R500しか持ってない・・・

コメント(7)

ワタシは、結局走れずにコース整備になってしまいました。
一度くらいは走っておきたかったです。

昨日、アカシロさんからトラブルの状況を細かく聞きました。
危うく大事故になりかねない出来事でしたね。
何より無事で良かったです。

クリンチャー、チューブラーときたら。
次はもう決まってるんじゃないですかぁ?ウヒ。

 バーストは相当びっくりしました。りゅうじさんのパンクにアカシロあり・・・・前回も私真後ろにいました。←決して怨念とかじゃないですから(汗)
 ほんとよく転倒せず停車できましたよね、私ならパニックで前ブレーキをしていたかもです。

 玉津での自転車談義はいつもあんな感じです。私は自転車の知識が無いので、イマイチ盛り上がれていませんけどね☆

 今後、チューブレスになりますかね。りゅうじさんのベストチョイスを楽しみに待ってますね。

危なかったですね。ご無事でなによりです。
出先でのパンク修理のことを考えるとWOが一番でしょう。りゅうじさんのおっしゃるとおり、TLはまだ発展途上のシステムだと思います。ただ、私は一度あの乗り心地を体験してしまったのでもう戻れないのです。
幸い私のスプロケは7900DURAなのでりゅうじさんのバイクにバッチリ適合します。今度TL体験してみますか?

危なかったですね。ご無事でなによりです。
出先でのパンク修理のことを考えるとWOが一番でしょう。りゅうじさんのおっしゃるとおり、TLはまだ発展途上のシステムだと思います。ただ、私は一度あの乗り心地を体験してしまったのでもう戻れないのです。
幸い私のスプロケは7900DURAなのでりゅうじさんのバイクにバッチリ適合します。今度TL体験してみますか?

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年7月20日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空気の力」です。

次のブログ記事は「りゅうじ的学習法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。