2010年8月アーカイブ

さて、初めてのレースも終わり、もう気持ちは次のレースに向かっています。

今回の反省点を考えてみます。


1.アクセスについて

今回は車で、しかも一人で運転しましたが、自宅から鈴鹿まで8時間。非常にしんどかったです。
複数人で交代しながら運転すれば楽なのでしょうが・・・
あとは輪行という方法もありかなぁ、と思いましたが、トップバイクのご主人と話をしていたら「自転車を宅急便で送る」という方法を教えていただきました。
こういうものが売ってるんですね。何事にも先達はあらまほしきことかな・・・


2.もっと速くなるために何が必要か?

2.1心肺機能
これがやはり一番重要。心拍数はずっと160〜170あたりで貼り付いていました。血液が十分に筋肉に行き渡っていなかったはずです。レースの1ヶ月前からインターバルトレーニングを入れていたので高い心拍数にも耐えられたのでしょうが、心拍出量を増大させ、抹消の毛細血管を増やすトレーニング=LSDの重要性を感じました。

2.2機材
今回アルミフレームの自転車で挑みました。でもカーボンに乗ってる人も随分抜いたし・・・
僕ぐらいのレベルじゃフレームの素材で速さはあんまり変わんないのでは?と個人的に考えています。なので、来年もおそらく自転車はこのままです。クロモリになってるかもですがw
距離も短いため平均速度がかなり高かったです。登りも短いことを考えると、空力重視でディープリムのホイールは検討する価値があるかもしれません。高くて買えない可能性大ですが・・・
サーキットというコースの特性上、ギアはもっとハイギアードかつクロスミッションの方がいいでしょう。今回フロント52-39T、リア12-25Tを使用しましたが、リアは12-23Tか11-23Tでもよかったかも。コンパクトクランクならリアは11-23Tをチョイスするでしょう。


3.その他
やはりエントリーは早めにするにこしたことはありません。出走は番号順です。前の方にいれば少しでも集団で頑張れたかも。後ろから追い上げるのはしんどかったですし、結局集団の中で走ることができませんでした。
後ろは後ろで、前の人のドラフトを利用しながら追い抜いていくのは面白かったですが・・・


あと、休憩の間に何台か試乗をしました。
当たり前ですがカーボンは乗り心地もいいし軽いです。僕の自転車はアルミフレーム+21mm幅タイヤなのでかなり乗り心地は悪いですから。

その中で気になった一台。
DE ROSAのNEO PRIMATOです。クロモリの昔からある有名な一台ですね。
たしかに最新のカーボンに比べれば重いです。
が、フロントフォークもクロモリのせいか、乗り心地が非常にいい。
クロモリに乗っている方がよくおっしゃるバネ感というか、自転車が後ろから押してくれるような感じを短い試乗でも感じることができました。

長く乗ることを考えるとクロモリという選択もいいかな、と思います。
ていうかNEO PRIMATOめっちゃ欲しい・・・

いつもの物欲ネタになっちゃいましたが、以上で鈴鹿の報告を終わりにします。
最後になりましたが、twitterその他で応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
twitterでリアルタイムにメッセージが入るのがとても嬉しかったです。
来年は広町.com 自転車部チームを結成して遠征したいですね・・・

さて、早く寝ようと思ったのに遠足前の小学生状態で全く寝られなかった僕。
11時過ぎに寝て、目が覚めたのは夜中の2時半。


プロはレースの3時間前に食事を済ませるそうなので、それにならって3時半に朝ご飯を食べました。4時にホテルをチェックアウトして再び鈴鹿サーキットへ。


駐車場はすでにたくさんの車。自転車を降ろし、一眠りしようと思いますがやっぱり眠れません。
しょうがないのでタイヤに空気を入れたりディレイラーにCRCを吹きながら夜明けを待ちました。


6時になるのを待って、6時15分からの試走に向かいました。
が、この頃から雨がポツポツと。いやーな予感です。
試走の時間には結構降っていました。路面は完全にウェット。昨日まであんなに天気よかったのに・・・
そうは言っても試走をしないといけませんから走ります。初めてのサーキット走行。


車やバイクのレースだと鈴鹿は時計回りなんですが、このレースの時は逆向きに走ります。
通常通りだとホームストレッチが長い下り坂なんですね。そこから1コーナーに突っ込んでいくのは明らかに危険なのでそういうことになってるんでしょう。
F1のTV中継で見てるのとは逆向きですから気をつけないといけません。

ホームストレッチの坂を登り、ぐいっと斜度がきつくなってまずはシケイン。
ここからほぼ平坦になり130Rをすぎ、西ストレートを下っていきます。
スプーンの手前で再び登り。ここからヘアピンまでは登り基調です。
ヘアピンからデグナーまで立体交差をくぐりながら一気に下ります。
デグナーから再び登り。
ダンロップコーナーからS字は一番速度が出そうです。
バンクのついた1コーナーを抜けホームストレッチへ。

・・・文章じゃわかんないですかね(汗)
試走でチンタラ走っても思ったより速度が出ます。ダンロップコーナーからS字の下りで53T×12Tも回しきってしまいました。一方で登りは斜度がきつくても下りで十分速度が乗っているので、惰性を利用しながらダンシングで一気に登れば軽いギアは不要と判断。
スプロケカセットを12-25Tにしていましたが、11-23Tでもよかったかも・・・今思えばシマノのブースに売ってたかな(笑)
まぁここまで来てグダグダ言ってもしょうがない。あるもので戦うんだ!


いよいよ僕の第1レース、ビギナークラスの始まりです。
ゼッケン番号順に並ぶんですが、申し込み順なのか、僕は一番後ろ。
用意を整えて列に並ぶと、心拍数がいきなり110。いかん、えらい緊張してるわ。
緊張が取れないままスタートを迎えます。海外のレースで、スタート前に選手が胸の前で十字を切っている映像を見かけますが、あれの気持ちがよくわかります。
スタート30秒前のコールでみんな一斉にクリートをはめる音が響き渡ります。そんなに早くはめんでもいい気もしますが・・・
いよいよスタート。とにかく落車しないこと、落車に巻き込まれないようにとスタートを切りました。

スタートしてシケイン手前の登りで心拍計を見るとすでに150。
いつもならペースを落とす所ですが、ここはレース。登りも短いし一気に登ってしまえ!!
そこからさきはもうずっと心拍が160〜170。とにかく必死です。
あっという間に1周終えてレース終了。もうとにかく必死で走りました。
ゴール後にコース外に退避しましたが、足の筋肉全部がガクガクしてます。こんな状態になったのは初めてです。
呼吸もなかなか整いません。ドリンクを飲みながら落ち着くのを待ちました。


次のインターミディエイトは2周のレース。
このペースで2周走るのは明らかに不可能です。ペース配分を考えないといけません。

鈴鹿に向かう前に読んだ、ふじい のりあき氏の「ロードバイクの科学」という本を思い出しました。
「そうだ、登りは必死に走って、平坦は一定ペース、下りは休めば同じタイムでも平均ワット数を落とせるんだったな・・・」

幸い、ビギナークラスからインターミディエイトクラスまでは4時間ほど間が空いています。
この間に試乗などしながら少しでも回復に努めました。


そして、いよいよインターミディエイトクラス。
とにかく登りを頑張る!平坦は前の人のドラフトに入って休むようにしました。
ちょっとペースは落ちましたが、その分しっかりと2周走りきることができました。


結果はビギナーが155人中71位。
インターミディエイトが174人中124位でした。


行く前はもっとビリの方じゃないかと思っていたので、今の自分のレベルを考えると上出来かな、と思いました。
そして、順位よりも大事なこと。

「自分のありったけの力を自転車にぶつけられたのか?」という問いにはもちろん、

Yes!!


まとまりのない長文にお付き合い頂きありがとうございました。
その他反省、試乗の完走など番外編に書きます。

実は一年前、 十数年ぶりにロードバイクを買うにあたり考えていたことがあります。


こいつはロード「レーサー」っていうくらいだから、レースをするために生まれてきたんだよな。
末弟モデルだからって、ポタリングやロングライドだけで終わらせるのはかわいそうだ!
しかも生粋のレースマシンメーカーのコルナゴじゃないか。
そうだ。いつかこいつでレースに出よう。たとえ順位は低くても、自分のありったけの力をこいつにぶつけてやるんだ・・・


あれから一年。俺チャレ「(何でもいいから)レースに出る」を目標に走ってきました。

初のレース参加に当たり、どのレースに参加するのか?
全国的に参加者が集まり、しかも色んなレベルの種目がある大会ならば、自分でも走れるレースがあるだろうし、万が一の時のサポートも期待しやすいだろう、ということでシマノ鈴鹿ロードレースへの参加を決意しました。

8月28日、いよいよ鈴鹿へ向けて出発。
ちょうど朝6時に広町.com自転車部のこなき部長とサカイさんが練習のため広銀にいらっしゃったので、立ち寄ってご挨拶。
高速に乗るために西条を目指します・・・が、山陽道は事故のため本郷〜三原久井が渋滞。
しょうがないので国道を通り、久井も出入り口付近は混んでいるだろうから尾道から山陽道に乗りました。
今回初めて吹田から東を走りましたが、大阪の高速はわけわからん・・・

奈良県は天理市で高速は終わり。名阪国道に入りましたが・・・何この道?まるで高速道路じゃん。しかもぐいぐい坂登っていくよ・・・うちの車もタービン回りまくり。

R0010728
途中、道の駅「針テラス」に立ち寄りました。

R0010729
せんとくん、いろんな所にいます。

ここからさらに2時間くらい走って鈴鹿サーキットへ到着。ジャスト8時間で行くことができました。

R0010731
サーキットへ向かうたくさんの自転車達。

受付を済ませ、ゼッケンと計測用チップを受け取ります。

R0010732
今日は走りませんので、場内を色々と見て回りました。

R0010733
各メーカーのブースも立ち並んでいます。

R0010734
雑誌でしかお目にかかれないような自転車がたくさん展示してあります。

R0010735
コルナゴのブース。ほんと、お祭りって感じですね。

それから別のお楽しみ。
鈴鹿サーキットには遊園地が併設されています。
ここのレーシングカート、前からやってみたかったんですよ。
簡単な講習を受け、カートに乗ってみました。
タイヤのグリップがめちゃいい!速い!面白い!!
が、ゆえに横Gがすごい・・・体を支えきれんし、パワステなんかないから腕がパンパン。
チンタラ走っていると横からバンバン抜かされていきます・・・orz
「男性の平均タイムが45秒くらいですね」と言われていたので頑張りましたが、追加で10周走ってようやく45秒台。
うーん、精進せねば。

自転車とは関係ない所で遊んでいましたが、あまり遅くならないうちに切り上げ。
早めにホテルにチェックイン。明日は早いから早く寝よう。
・・・と思っていたのに寝れないじゃん(泣)遠足前の小学生かよwww


〜後編へつづく〜

地底探検

| コメント(2)

日曜日の話ですが、地底王国美川ムーバレーへ行ってきました。

毎日あまりにも暑いので、洞窟の中にでも入って涼んでこようかと思ったんです。

嫁と次男は外に出るのさえ嫌がっていたので、僕と長男の二人で行くことにしました。
そういえば二人でこんな長距離のお出かけは初めてだな・・・

自宅から高速を使ってちょうど2時間ほどで美川ムーバレーに到着。

R0010719

みんな考えることは同じなのか・・・すごい行列です。

R0010720

10分ほどならんでいざ中へ。中に入ると一気に涼しくなります。洞窟なので温度は年中ほぼ一定なんですね。

R0010722

怪しさ満点。

R0010723

R0010724

ちょっとした謎解きがあって、みんな洞窟の中を行ったり来たりしています。どういう謎解きかは行ってみて下さいな。ちなみに5年前くらいに行ったときとは別の謎解きになってました。何年か毎に変わるんですね。

中は暗いし斜面は急だしで長男は最初ご機嫌斜めでしたが、途中から慣れてきました。

ようやくゴール。

R0010725

向かいにあるレストランでご飯を食べて帰りました。長男も「どうくつたんけん、おもしろかったねー」と言ってくれました。

R0010726

ハンドルのセッティング

| コメント(6)
前回の鈴鹿仕様(蕁麻疹ハンドル?)に変えて、今日走ってみました。

ステムも90mm→80mmに変更しました。
実は僕は腕が結構短いんですよ。
元々primaveraについていたステムは110mmだったんですが、明らかに僕には長過ぎ。
で、ちょっとずつ短くしていって、今回の数値になりました。
これ以上短くするとステアリングが重くなりそうなので、もうやらないつもりです。
だいたい70mm以下のステムって近所で売ってない・・・

今までハンドルを下げすぎていたので、下りで下ハンを持つと首が痛かったんですが、無事解消。
ハンドルも手前に来たので体幹のアーチが深くなり、下腹部で上半身が支えられるようになり、ハンドルに体重をあまり乗せなくても大丈夫になりました。
そして下ハンを持つのも楽になりました。前傾がきつすぎて下ハンが持てないんじゃドロップハンドルの意味ないですもんね。

ちなみに僕は身長172cm、股下は80cm。
このページにある表を参考にしてセッティングを出しています。

メモの代わりに今のセッティングを残しておきます。
サドル高:70cm
サドル後退幅:5.5cm
サドルーハンドル距離:49cm
サドルーハンドル高低差:6cm

今日乗ってみて、楽なポジションだったんですが、レースを考えるともう1cmくらい下げた方がいいかな・・・
逆に出雲の前には1cm上げたセッティングも試してみます。

鈴鹿仕様

| コメント(8)
鈴鹿ロードレースまであと10日。

ハンドルのポジションを見直しました。
(リアスタンドを使っているのでマシンは後ろ上がりになってます。)

P8192388.jpg

今までハンドルをちと下げすぎていたので(下りで首が痛かった)上げました。
ステムもさらに短い物にしています。
鈴鹿仕様というよりはその先の出雲用セッティングなような気も・・・
出雲の時はさらにハンドルを上げてもいいかもね。

ハンドルの取り付け角を再設定するのにバーテープを剥がしたので(もともと失敗してたし)バーテープも貼り替えました。

P8192389.jpg

日の丸柄・・・
自分で選んだのに蕁麻疹にしか見えないんですがどうなんでしょ?

行くぞっ!(俺チャレ発表)

| コメント(10)

長ーい事誰にも黙っておりましたが・・・
え?誰も気にしてない??
まぁそう言いなさんな・・・

今年の俺チャレ発表です。
ズバリ!

(何でもいいから)レースに出る!

実は、ここ最近こっそりレースの日程表なぞ見ていたわけです。
大きいイベントの方が、講習やらビギナー向けのレースとかあるよね・・・

というわけで、8月28・29日に鈴鹿サーキットで行われる、
「シマノ鈴鹿ロードレース」に出場します!

まぁ、参加するレースはビギナー(1周)とインターミディエイト(2周)だけなんですけどね。

きっと、ビギナーだけでも参加した事を後悔するんでしょう。去年のリザルト見たら上位はAve. 40km/hオーバーですよ。たとえ1周でも絶対ついていけんわ・・・orz

コテンパンにやられる事はわかっていますが(まさか最下位はないだろうとも思ってますが)それでも完全燃焼するまでペダルを踏み倒したい!
1周+2周に自分のエネルギーを全て注ぎ込む。
そのためだけに鈴鹿に行って参ります。
チャリでトータル16kmちょい走るためだけに片道400kmオーバーを車で走るという、この行為が我ながらアホだなと思ったので、本当にエントリーするまで黙ってたんですよ。
問題は大阪から東に車で行った事がない・・・安全運転で行きます。

バーテープ貼り替え

| コメント(4)

僕の自転車のバーテープは白です。
白黒なので白しかあんまり似合わないんですよね・・・

しかし!白のバーテープの致命的な欠点!!
それは「すぐ汚れる」こと・・・

最近汚れが気になってたんですよ。
6月に貼り替えてるから1ヶ月ちょいなんですが、練習も兼ねて張り替えてみました。

それがこちら。
IMG_1190.jpg

IMG_1191.jpg

十数年ぶりに巻いたにしては結構上手い?
よーく見るとボロがでますが・・・

今回のバーテープはOGK KABUTOのCBT-2にしてみました。
コットンタイプと言う事で、包帯のような触り心地でありながらクッションもしっかりしています。
グリップも大変よく、滑りにくく安心してハンドルを握る事ができます。

でも、今日下蒲刈島を回って帰ってきたらすでにうっすら汚れが・・・orz
まぁ、今回はちょっと失敗した所もあるし、また近いうちに貼り替えましょう。

8.6

| コメント(2)
もう日付も変わろうとしていますが・・・

今日は65回目の原爆忌。

原爆投下時間の8時15分にサイレンが鳴り、黙祷をしました。
毎年のようにやってることなんですけどね。
なぜか今年は涙が出ました。

・・・そのちょっと前に長男(3歳)に「今日はひいじいちゃんの命日だからね」と教えました。
長男はさっぱり意味が分からんかったと思いますが。

僕の祖父は当時、陸軍に所属していて広島市内にいたそうです。そこで被爆し帰らぬ人となりました。
祖母は二人の子供を女手一つで育てなければならず、生活はとても貧しかったそうです。

原爆だけでなく、戦争は人の命を奪うだけでなく、残された者の人生をも破壊する。
祖父から命のバトンを受け継いだ僕は息子達へその事も伝えなければならないと思う、65回目の原爆忌でした。

出雲路センチュリーライド2010

| コメント(17)
出雲路センチュリーライド2010が9月19日(日)に開催されます。

去年はロードバイクを買ったばかりでしたのでエントリーを見送りました。
(その後聞いた話では、ロードバイクを買って2週間で走った方がいらっしゃったそうで・・・僕には考えられません)

が、今年は正月から走ることを宣言していた僕。

先ほどエントリーを完了しました。
今年は行きます!

色温度

| コメント(2)
長いこと写真講座をほったらかしにしていました。

前回のホワイトバランスの続きです。
デジカメの説明書を見ると、ホワイトバランスの所に色温度というのが出てきます。

物を熱した時には光が出ます。ろうそくや白熱電球、製鉄所の鉄とか、もちろん太陽だってそうです。
温度によってその光の色は変化します。3000度くらいだと赤っぽい光りだし、10000度になると青みがかってきます。
(厳密には黒体という現実には存在しない物を加熱したとして計算するんですが・・・本筋から外れるのでカット)
光源となる光の色合いを表す物が色温度、と考えて下さい。

晴天時の日光の色温度が大体5000~6000K(ケルビン)と言われます。ここが一つの基準。
白熱電球は日光に比べるとオレンジがかったというか、赤っぽい色です。色温度は3000Kくらい。
ところで夕焼けってオレンジがかっていますよね。これは大気中の塵が波長の短い青い光をカットするからで、色温度は2000Kくらいになります。
日陰は太陽から直接の光は届きません。しかし空や雲が巨大なレフ板の役目を果たします。青空はこれまた大気中の塵が波長の短い青い光を散乱させるので、青い光が増えて、色温度は7000Kくらいに上がります。

・・・昔僕もここでよくわかんなくなってたんです。
色温度って、決して太陽がその温度で燃えてるわけじゃないんです。
太陽の表面温度は約6000度です。朝も夕方も同じはずです。
「日陰にはいると太陽の温度が上がる???」とか考えてたんですよ。実は。そんなわきゃないですよね。

人間の目は色をR(赤)G(緑)B(青)に分けて認識します。Rが強ければ色温度が低く、Bが強ければ色温度が高い、と考えればいいでしょう。

さて、例えば奇麗な夕焼けに出会ったとしましょう。
このオレンジを奇麗に撮りたい!
でもオートホワイトバランスだとなんか違う色になっちゃう・・・
こういう時にマニュアルのホワイトバランスの出番です。
ホワイトバランスの設定には、オートの他に白熱電球とか、日光、日陰、いろいろありますよね。
さあ、どれで撮ったらいいのでしょうか。

夕焼けは色温度が低いから白熱電球!
・・・残念。違います。
ホワイトバランスとは、その色温度で撮った時に「白が白く」見えるわけです。
ここはあえて「白を白く」見せないわけです。オレンジというか、Rの光を強調したいのですから、色温度は高く設定しないといけません。というわけで、こういう場合は「日光」を選ぶのがベター。「日陰」でもいいかもしれませんが、ちょっとやり過ぎかな・・・

オートホワイトバランスは非常に便利な機能で、普通は変更の必要性を感じません。
でも、「何か色が違う・・・」と思った時には変えてみるといいでしょう。
ちなみに、光源が日光で、ホワイトバランスを「白熱電球」にすると、写真が真っ青になります。心霊写真みたいで結構好きです・・・

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。