出雲路センチュリーライド2010

| コメント(17)
出雲路センチュリーライド2010が9月19日(日)に開催されます。

去年はロードバイクを買ったばかりでしたのでエントリーを見送りました。
(その後聞いた話では、ロードバイクを買って2週間で走った方がいらっしゃったそうで・・・僕には考えられません)

が、今年は正月から走ることを宣言していた僕。

先ほどエントリーを完了しました。
今年は行きます!

コメント(17)

お、メラメラと燃え上がる闘志がぁぁぁぁぁ

楽しみやね。

 出雲かぁ?楽しそうですよね。私は国東はエントリーのみで終了しましたし、もしかしたら、出雲にお邪魔するかも??
 りゅうじさんは、出雲に向けて練習されておられると思いますし、今から高鳴る鼓動が聞こえてきそうです。

おぉ、先を越されちゃいましたね。( ̄▽ ̄)

ワタシはまだ決めかねているんですが…。
100km越えを経験していないのと、自分の趣味で勝手に家を空ける家族への後ろめたさと。

どちらかというと前者の方が大きいのかなぁ。
そもそも基礎が出来ていないのに、160kmという長い距離を走りきる自信がないのかも…。(;´д`)トホホ…

いえいえ、残念ながら、りゅうじさんのレンズを
使えるほどの腕はありませんから・・・

息子はバンバン撮るつもりではおりますが、
後はまたおいしそうなバイクを山ほど撮るのを
目的としております。

いやー、私、、今からすげー楽しみやわ。
あの雰囲気を思い出すだけで、わくわくするわぁ。
楽しもうねっ。

出雲、

160kmというニュアンスばかりが先行してて、実際のところはエイドが30kmおきにあるんだから、普段のライドで5-60kmを走りきることが可能な人なら余裕でOKだと思ってます。

あとは、「場の雰囲気」ね。
あの場所に行くとイヤでもテンション上がるので、事前に思ってたよりもあっさり走れちゃうもんです。

私も初回の出雲ん時がそうでしたから。

私の基礎が出来てない意味は「脚力」なんです。
50km超えてくると、どうしても足がつるんですよねぇ。(;´Д⊂
そもそも長距離を走る練習が出来ていないので、どうしても不安があるのです。

前傾姿勢のアレは、文字で書くと非常に抽象的になってしまい、なかなか理解しにくいですね。
ある程度のケイデンスとトルクをキープしつつ巡行する必要は当然ありますし、「手放しで走る」というのは、あくまでも体幹を意識する例えであって、疲れを一点に溜めない事が目的だと思います。

そもそも理解出来てない人間(私)が書くと余計に伝わらなくて申し訳ないのですが。
直接、監督さんから話を聞いたり、実践している人の走り方を見ていると、フォームやペダルを回す基礎って大事なんだと思います。

って、一体アンタは何を目指しとるんか!? ( ̄Д ̄;;

と、突っ込まれそうですが、筋力も持久力も無いので、せめてフォームくらいはかっこよく…と思ってやってます。(;´▽`A``

 俺チャレって気になりますネ?☆ 出雲より前に実施する計画ですかね? 


 私は出雲は、まだなんにも決めてませんけど、子供達には水族館であっしはセンチュリーとかって思ってます。
 家族で泊りがけでいくか、当日、相当早起きして→当然運転はワタシで、そのまま、受付して、そのままライドしてゴールして帰路につく強行軍も考えてたりしますw(むちゃくちゃかも)

出雲に向けて160kmライドとまでは行かなくても100kmくらいを2、3回走っときたいですね。
小坪経由で岡村島まで周回するように走れば100kmくらいじゃなかったかなと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年8月 4日 22:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「色温度」です。

次のブログ記事は「8.6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。