ハンドルのセッティング

| コメント(6)
前回の鈴鹿仕様(蕁麻疹ハンドル?)に変えて、今日走ってみました。

ステムも90mm→80mmに変更しました。
実は僕は腕が結構短いんですよ。
元々primaveraについていたステムは110mmだったんですが、明らかに僕には長過ぎ。
で、ちょっとずつ短くしていって、今回の数値になりました。
これ以上短くするとステアリングが重くなりそうなので、もうやらないつもりです。
だいたい70mm以下のステムって近所で売ってない・・・

今までハンドルを下げすぎていたので、下りで下ハンを持つと首が痛かったんですが、無事解消。
ハンドルも手前に来たので体幹のアーチが深くなり、下腹部で上半身が支えられるようになり、ハンドルに体重をあまり乗せなくても大丈夫になりました。
そして下ハンを持つのも楽になりました。前傾がきつすぎて下ハンが持てないんじゃドロップハンドルの意味ないですもんね。

ちなみに僕は身長172cm、股下は80cm。
このページにある表を参考にしてセッティングを出しています。

メモの代わりに今のセッティングを残しておきます。
サドル高:70cm
サドル後退幅:5.5cm
サドルーハンドル距離:49cm
サドルーハンドル高低差:6cm

今日乗ってみて、楽なポジションだったんですが、レースを考えるともう1cmくらい下げた方がいいかな・・・
逆に出雲の前には1cm上げたセッティングも試してみます。

コメント(6)

身長177cm(+5cm)、股下79cm(▲1cm)…。(;´Д⊂

そういえば、サドル?ハンドル高低差と距離を気にしてませんでした。
もしかしたら合ってないかもしれないので、ちょっと調べてみようっと。

 私は身長173センチ・・・股下はここでは書けないっす。

 りゅうじさん、脚長いんじゃね。

 私は身長の大半を胴体で稼いでますから^^

私はサドルの水平出すときは家の窓枠を使用してます。
自分→自転車→窓枠の順で並べて水平見てます。
全く関係ないですが、レーザー距離測定機なら家にあるんですけどねー。

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年8月22日 00:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鈴鹿仕様」です。

次のブログ記事は「地底探検」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。