2010年9月アーカイブ

そして新しいステージへ

| コメント(10)

ある日、アカシロさんからメールが。

サイクルグランプリ出ますけどどうします?」

えっ、そんなのあるの?ああ、そうか。改修された広島空港のコースの初レースですね・・・

このアカシロさんというお方、僕の物欲やら走りに行きたいという欲求のツボをええ感じで突いてきて下さいます。
先日は「悪魔のささやき」と表現しましたが、違いますね。動き出すのは僕の中に潜む悪魔ですよ・・・
あ、悪魔っていってもこの方じゃないですから。

うーん、どうしよう。
今のレベルだと2周は到底無理。とりあえずは1周のビギナークラスから。試走してから暇だしサイクルマラソンにも出ちゃえ。
というわけで深く考えずにエントリーしてしまいました。

ところがあとから去年のリザルトを見てみたら・・・
サイクルマラソンってお気楽そうなネーミングとは裏腹にみんなめっちゃ速いやん。こりゃビリ確定だわ・・・orz

しかし敵前逃亡など許されるわけもありませぬ。ここは腹をくくっちまいましょう。
というわけで、10月17日(日)は中央森林公園におります。
黒白のprimaveraに青いヘルメットで死にそうな顔をしてチャリに乗ってる人がいたら、それは僕です。

しかし今年は鈴鹿でレースは終わりだと思っていたのに、もう一つ出るとはね・・・我ながら意外。
レベルは低いですがこれからもレースに打ち込んでみたいです。

砕氷艦「しらせ」見学

| コメント(8)

二代目「しらせ」が呉に来ているらしい・・・との情報をゲット。
むかーし、小学生くらいのときに初代「しらせ」を見学したことがあります。
船好きとしてはこれは行かねばなりませぬ。

というわけで、長男と二人で(最近二人の外出ばかりだなぁ)行って参りました。

駐車場はないそうなのでJRで川原石駅下車。
降りてすぐに自衛官の方が道案内をしてくださいました。しらせって海上自衛隊所属なんですね。知りませんでした。

歩くこと約20分(子供連れですから)見えてきました。

P9252428
しらせです。

P9252433
でかいっ!このデカさを表現するのに超広角レンズが欲しい・・・

パンフレットによると、全長138m、排水量12,650トン、軸出力30,000馬力だそうです。3万馬力ってうちの車180台分じゃん・・・

ただし、ディーゼルエンジンが直接プロペラを回すわけではなく、ディーゼルエンジンが発電した電力でモーターを回すんだそうです。どんなモーターなんだろうか(汗)

P9252435


P9252434
ところでこれ何かご存知でしょうか。万が一船が沈没しそうになった場合にこれに乗り込んで脱出するんです。
クレーンで海面に降ろすようになっているんですが、そのたもとにこんなのを見つけました。

P9252436
総員離艦安全守則
1、 あわてるな

いかに訓練を積んだ自衛官といえども、総員離艦命令が下るとあわてますよね、そりゃ。


P9252440
輸送用大型ヘリ。これが2機搭載されているそうです。すげぇ。

P9252443
南極の石。うねったような筋が入っていて面白い形をしていました。

P9252447
南極の氷。

P9252448
長男はペンギンとお写真。もちろん作り物です。南極ではペンギンから5メートル以内に近づいてはいけないんだそうです。

P9252453
操舵室。右に見えるのはチャートテーブル?にしては狭い気もしますが。

P9252454
モニターに舵の角度、速度、進路はもちろん、氷に衝突した回数まで表示されます。さすが最新鋭。ハイテクです。

P9252455
操舵席。左のプラスチックのカバーに覆われているのは速力を調整するボタン。要するにスロットルですね。

P9252456
これが艦長の席。ここから艦長は指示を出すわけですね。


息子より僕の方がはしゃいでいたという噂もありますが・・・
最新鋭のハイテク艦を見学できる貴重な機会です。
見学は明日日曜日まで。無料で見学できます。近くに駐車場がないのでJRなどを利用して下さいね。

昨日の話ですが、出雲路センチュリーライドに参加して参りました。

僕は当日朝お腹をこわしてしまい、出走が危ぶまれたのですが、無事に完走することができました。

イベント自体の様子は他の方が報告されると思いますので・・・(なんという無責任)
僕自身の反省点と感想を忘れないうちに書いておこうと思います。



  1. 機材、装備について
  2. 今回ギアはフロント52-39T、リア11-28Tを選択しました。28Tの出番があるかなぁ、と思っていたら序盤から使いまくり(笑)。25Tだと屈辱の足付きをしていた可能性大でした。
    タイヤの空気圧を乗り心地重視で7.0barに設定しました。たしかに乗り心地はよかったですが、転がり抵抗が増えて登りで苦労したかも?8.0barは明らかに固いですから、間をとって7.5barか7.2barか・・・
    今回のホイールは乗り心地とトラブルの少なさを考えて練習用手組みをチョイスしましたが、やはり登りは重かったかも?下りはそんなにぶっ飛ばせないので軽量ホイールが吉か。
    サドルはお尻の痛みは出ませんでしたが、内股とサドルが擦れてレーパンの縫い目がほつれてきました・・・もっと細いサドルの方がいい?今のサドル結構気に入ってるのにorz


  3. ペース配分について
  4. 沿道では思っていたより沢山の方が応援されていました。
    応援の方を(特に子ども)見るとついガッツポーズとかしちゃうんですよね・・・
    他に長い登りの区間でエースTさんを引くアシストの図、とか訳わからん事言いながら登ったり・・・
    坂の上でやっぱりTさんがカメラ構えて待ってるから思わず不要なダンシングしてみたり・・・
    川沿いの長い直線があまりに気持ちいいのでカッ飛んでみたり・・・
    淡々と走った方が絶対速かったはずです。
    でも、せっかく走るんだから楽しんだ方がいいじゃないですか。
    最後の区間で「僕が前を引きますから行きましょう!」というサカイさんの誘いはお断りしましたが・・・あの頃はさすがに限界でしたorz


  5. 参加してみての感想
  6. 一言で言うととにかく楽しかったです。最後5キロは終わってしまうのがもったいなく思えました。最後は意味の分からない笑いがこみ上げてきました。きっと傍から見たら気持ち悪かったことでしょう。
    2ASから3ASの途中で井戸水が頂けたのはとてもありがたかったです。
    上にも書きましたが沿道にたくさんの方が応援されていらっしゃいました。
    このイベントが総じて地域の方にも受け入れられているのかな、という印象を抱きました。
    スタッフのバイクや自転車による並走もあり安心して参加することができました。しかしスタッフの皆さんはあちらこちらへ移動されて大変だったでしょうね・・・でもそのおかげで初めてのロングライドイベントを楽しく走りきることができました。ありがとうございました。


そして広町.com自転車部の一員として参加できたことを誇りに思います。
一人だったらまず参加してなかったでしょうからね・・・本当に皆さんにはお世話になりました。また来年も行きましょう!


さあ、気持ちはまた来年の出雲へ。
そして次のイベントへ・・・何に参加するかはまだ内緒。


-- 追記 --

鈴鹿から使用していた日の丸バーテープですが、大量の自転車の中から自分の自転車をさがすのに重宝しました。
しばらく国旗シリーズで行ってみるかな・・・もうブラケットの辺りは擦れて日の丸が見えないです。

後半になると同じようなペースで走る人と一緒になるわけですが、サカイさんによく似た人を発見。
上り坂で追いついて、「あれ?なんでサカイさんこんな所走ってるの?」と思ったら・・・


  • ピナレロFP3→FP2

  • ジャージは同じ黒のCASTELIだけどよく見るとレーパンが違う

  • ヘルメットが黒→シルバー


もちろん全くの他人なのですが密かに「ニセサカイ」と呼んでおりました。

ついに完成

| コメント(6)

あともう少しまできていたブランケット。

先ほど完成しました。

P9162419

長かったわー

モチーフを7×7=49個。
なかなか終わりが見えない作業で、何度もくじけそうになりました。

そして最後に待ち構えていたボスキャラ。

P9162420

P9162421

雲の形をしたモチーフ。
一瞬編み図を見て「何だこりゃ??」と頭を抱えてしまいました。

まぁ、どうにかこうにか完成にこぎつけました。

あとは息子がこれを気に入ってくれるのか・・・
使ってくれなかったら悲しいわぁ。

Toshiさんと定例コース

| コメント(10)

出雲まであと一週間。

最終調整として定例コースを走ることにしました。

掲示板でToshiさんが参加表明。じゃあ朝7時にいつもの場所に集合ね〜ってことで。

よく考えたらToshiさんと二人で走るのは始めてですね。
前回はたしか、FOCUS購入記念で皆さんで走った時。僕は下蒲刈周回だけで帰っちゃいましたから。

とにかく日曜日の7時に集合。他に参加者もいらっしゃらないので出発。
長浜から仁方へは黙々と走り、下蒲刈に入ってからはいつものように喋りながら走ります。
・・・っていうか、ここのところ一人で、もしくは高速列車に引きずられながら走ってばかりいましたから、ゆっくりペースで走るのは久しぶりです。
普段なかなかご一緒する機会がないToshiさんなのでここは色々とお話をするチャンスですね〜
とはいえ、Toshiさんはペダルのポジションが出ていないのか、膝の調子が悪いようです。あまり無理には引きますまい。

下蒲刈を回って川尻へ。前回は確か川尻でリアエンドが曲がっちゃって定例コースを走れなかったんですよね>Toshiさん
というわけでToshiさんにとってここからが未体験ゾーン。

安浦からいよいよ野呂川ダムへの登り区間。
Toshiさん、膝の調子が悪いのもあってすでにきつそうです。
「ダンシングする足が売り切れです〜」って、ありゃりゃ。
途中並走しながらいくつかアドバイスさせていただきましたが、多少の嘘はあるかもしれません。が、大筋では間違ってないと思いますので・・・

さて、野呂川ダムを過ぎいよいよ問題の激坂。
Toshiさんはとうとう降りて自転車を押してしまいました・・・残念無念。でも間隔を空けて再トライしたらいけると思いますよ。

僕の方はというと、ちょっとした実験。
今回ロングライド用にリアカセットを11-28Tにしていますが、実はノーマルクランクにしてから定例コースを走るのは初めてだったので、試しにリア24T(コンパクトクランクだと21Tに相当)で激坂を登ってみました。

・・・意外に登れるもんですね。
ケイデンスはかなりゆっくり(30台)ですが、スピードは前回のヘタレ動画の時とそんなに変わらないです。
もちろんリア28Tにしてケイデンスを上げた方が出力は出せるはずですが・・・筋トレとしては悪くないかも?
次から練習の時は12-25Tで行きます。あ、でも速い人と行く時は11-28T使わせてね(弱)

激坂の頂上でToshiさんを待ち、それから国際のファミマでアイスを食べました。朝は涼しかったですが、日が昇るとまだ暑いですね。出雲はもっと涼しかったらいいな。

Toshiさんとは黒瀬川でお別れ。お疲れさまでした〜。また次も行きましょう。

川を見ればトンボは飛んでいるし、野呂川ダム辺りはコスモスも咲いていました。暑い日が続きますが確実に秋はやってきています。
暑さも落ち着いてきてるし、今度は大人数で定例コース、行きたいですね〜。

Motif

| コメント(8)

自転車ネタとはガラリと変わります。

編み物で、小さな模様の繰り返しをモチーフといいます。
音楽でもモチーフってありますよね。主題とか訳します。
X-Window Systemで使われるツールセットもMotif・・・これは分かる人は少ないかw

R0010737
これがモチーフ

これをいっぱいつなげるとこうなります。

R0010736

息子のためにブランケットを製作中です。
市松模様に色を変えたモチーフを7×7=49個作ります。
というわけであと5個・・・
JUNさんちのお子さんに帽子を作ってからすぐに取りかかったので、もう3ヶ月も経ちましたがようやくゴールが見えてきました。

こうやってコツコツと何かを作り上げると、自分もそう捨てた人間ではないなぁ、と思ったりします。

出雲仕様

| コメント(4)

出雲路センチュリーライドへ向け、再び仕様変更です。

蕁麻疹バーテープ、じゃなかった日の丸バーテープは擦れて色が薄くなってきましたが、最近バーテープばかり巻いてる気がするのでこのままでいきます。鈴鹿でDE ROSAのブースの方も「いいですね〜」とおっしゃって下さったし。

まずはホイールをチューブラーからクリンチャーへ。途中パンクした時にチューブラーだと大幅に手間取りそうですから・・・

それからリアのスプロケを12-25Tから11-28Tに変更。
12-25Tでも走れるとは思いますが、後半へばったときに28Tの出番があるやもしれません。いや、多分あったらいきなり使うだろうな(汗)

スプロケまで替えんでもええだろうという話もありますが・・・
こういうのをするのが好きなんだからしょうがありません(笑)

これから走るコースを思いながらセッティングをする。
走ったあとのメンテナンス。
走ってないときも自転車を(メカいじりを)楽しみたいんですよ。

車やバイクだとミッションのギアを入れ替えるって大仕事になっちゃいますが、自転車だとすごく簡単です。
こんなに気軽にギア比をいじれるんだから、遊ばない手はないと思うんですがどうでしょうか。

参考文献

| コメント(0)

今回の鈴鹿参戦に向け、参考にした本があります。

ふじい のりあき氏の「ロードバイクの科学」という本です。

(実験的にアフィリエイトにしてみました。)
空気抵抗、コーナリング、エネルギーマネージメント・・・自転車の効率を高めるために有用な知識がたくさん入っており、多いに参考になりました。

科学というタイトルの通り、数式も出ますが、イラストや図表も豊富でわかりやすいです。
興味のある方は是非。

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。