出雲路センチュリーライド感想&反省

| コメント(14)

昨日の話ですが、出雲路センチュリーライドに参加して参りました。

僕は当日朝お腹をこわしてしまい、出走が危ぶまれたのですが、無事に完走することができました。

イベント自体の様子は他の方が報告されると思いますので・・・(なんという無責任)
僕自身の反省点と感想を忘れないうちに書いておこうと思います。



  1. 機材、装備について
  2. 今回ギアはフロント52-39T、リア11-28Tを選択しました。28Tの出番があるかなぁ、と思っていたら序盤から使いまくり(笑)。25Tだと屈辱の足付きをしていた可能性大でした。
    タイヤの空気圧を乗り心地重視で7.0barに設定しました。たしかに乗り心地はよかったですが、転がり抵抗が増えて登りで苦労したかも?8.0barは明らかに固いですから、間をとって7.5barか7.2barか・・・
    今回のホイールは乗り心地とトラブルの少なさを考えて練習用手組みをチョイスしましたが、やはり登りは重かったかも?下りはそんなにぶっ飛ばせないので軽量ホイールが吉か。
    サドルはお尻の痛みは出ませんでしたが、内股とサドルが擦れてレーパンの縫い目がほつれてきました・・・もっと細いサドルの方がいい?今のサドル結構気に入ってるのにorz


  3. ペース配分について
  4. 沿道では思っていたより沢山の方が応援されていました。
    応援の方を(特に子ども)見るとついガッツポーズとかしちゃうんですよね・・・
    他に長い登りの区間でエースTさんを引くアシストの図、とか訳わからん事言いながら登ったり・・・
    坂の上でやっぱりTさんがカメラ構えて待ってるから思わず不要なダンシングしてみたり・・・
    川沿いの長い直線があまりに気持ちいいのでカッ飛んでみたり・・・
    淡々と走った方が絶対速かったはずです。
    でも、せっかく走るんだから楽しんだ方がいいじゃないですか。
    最後の区間で「僕が前を引きますから行きましょう!」というサカイさんの誘いはお断りしましたが・・・あの頃はさすがに限界でしたorz


  5. 参加してみての感想
  6. 一言で言うととにかく楽しかったです。最後5キロは終わってしまうのがもったいなく思えました。最後は意味の分からない笑いがこみ上げてきました。きっと傍から見たら気持ち悪かったことでしょう。
    2ASから3ASの途中で井戸水が頂けたのはとてもありがたかったです。
    上にも書きましたが沿道にたくさんの方が応援されていらっしゃいました。
    このイベントが総じて地域の方にも受け入れられているのかな、という印象を抱きました。
    スタッフのバイクや自転車による並走もあり安心して参加することができました。しかしスタッフの皆さんはあちらこちらへ移動されて大変だったでしょうね・・・でもそのおかげで初めてのロングライドイベントを楽しく走りきることができました。ありがとうございました。


そして広町.com自転車部の一員として参加できたことを誇りに思います。
一人だったらまず参加してなかったでしょうからね・・・本当に皆さんにはお世話になりました。また来年も行きましょう!


さあ、気持ちはまた来年の出雲へ。
そして次のイベントへ・・・何に参加するかはまだ内緒。


-- 追記 --

鈴鹿から使用していた日の丸バーテープですが、大量の自転車の中から自分の自転車をさがすのに重宝しました。
しばらく国旗シリーズで行ってみるかな・・・もうブラケットの辺りは擦れて日の丸が見えないです。

後半になると同じようなペースで走る人と一緒になるわけですが、サカイさんによく似た人を発見。
上り坂で追いついて、「あれ?なんでサカイさんこんな所走ってるの?」と思ったら・・・


  • ピナレロFP3→FP2

  • ジャージは同じ黒のCASTELIだけどよく見るとレーパンが違う

  • ヘルメットが黒→シルバー


もちろん全くの他人なのですが密かに「ニセサカイ」と呼んでおりました。

コメント(14)

「最後5キロは終わってしまうのが
もったいなく思えました。」

この一言が全てをも物語っているなぁと、思いました^^
レースイベント後は疲れるんですけど、
気持ちが次に向くんですよね?。
来シーズンは私もロングに挑戦してみたいと思いました?

お疲れ様でした☆

お疲れ様でした。^^

私も初のロングライドでしたけど、やはり完走した事が大きな自信に繋がると思いました。

次のイベント、既に企画中なのですね。
凄いなぁ。
私なんて、出雲の坂でお腹一杯になってて、何も考えられません(笑)

今回、第1エイドに到着するまでにいきなり足がつってしまったので、とりあえずまた基礎から鍛錬ですねぇ。^^;

 出雲完走おめでとうございます。沿道の声援って、ほんとパワーをもらいますよね。 
 マラソン大会でも、沿道の子供やお年寄りの声援で、がんばれちゃいます。
 ただ、子供の声援で余分な頑張りをしてしまいますよね。ガッツポーズに始まり、ついついペースアップとかもありますよね?
 
 って悪魔のささやきですか??気のせいですよ☆

お疲れさまでした。
それにしても楽しかったですね。りゅうじさんの「終わるのがもったいない」って気持ちよくわかります。来年はより多い人数で参加したいですね。しかもできればチームジャージかなんかで・・・
あと、どうせならニセサカイとツーショット撮っておけば良かったと後悔してます。自分の子供も間違えたくらいですから・・・

ニセサカイの話しは知らんかったなぁ。

しかし、笑いながら走るって、、観たかったわ、、
その姿。
確かにゴールした後は、ナチュラルハイだったもんね。
みんな・・・

お疲れ様でした。

お疲れサマでした。
何だかんだ言いつつも、皆さん楽しそうでした。とってもいい1日でしたね。

はじめまして。
出雲路完走おめでとうございます。
来年は「石見」ですね。
200目指してお互い頑張りましょう!

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年9月20日 22:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ついに完成」です。

次のブログ記事は「砕氷艦「しらせ」見学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。