燃費の計算

| コメント(4)

すっかり更新をサボっちゃいました。

サイクルグランプリに向けて落ち着かないってのもあるんですが・・・

ちょっと最近ネタに困り気味なので、たまには趣向を変えてみます。

自動車の燃費ですが、普通は「リッターいくら」って言いますよね?
単位に直すとkm/l。
僕の車を例にすると、先日ガソリンを入れた時に579.9キロ走って45.9リットルでしたので、
579.9/45.9=12.6 km/l
となります。

これがヨーロッパに行くとl/100km、つまり「100キロ走るのに何リッターつかうか」と表示するんだそうです。
先の例だと、
45.9/(579.9/100)=7.92 l/100km
となりますね。

ここからは「km/l」を日本式、「l/100km」をヨーロッパ式と呼ぶことにします。
結局両者とも同じことを表してるので、基本的にどっちでもいいんですが・・・
「200km走るのにガソリンはどのくらいいるの?」という計算をする時に、日本式だと、
200/12.6=15.9 l
ヨーロッパ式だと、
7.92*(200/100)=7.92*2=15.8 l
(途中で四捨五入してるので、0.1lの差は目をつぶって下さい。)
こういう計算にはヨーロッパ式の方がいいですね。暗算で割り算はなかなか難しいですが、かけ算なら暗算でも楽です。

ついでに言うと、ヨーロッパ式だと上の例ならざっくりと「8l/100km」と覚えておけば、8*2=16 lと簡単です。日本式だと200/12.5は暗算が難しいし、10km/lにしちゃうと誤差が大きすぎます。

逆に「20リットルでどこまでいける?」という計算には日本式の方が向いてるわけですが・・・たいていは行き先(移動距離)は決まってるわけですから、ヨーロッパ式の方が楽な気がするんですけどねぇ。いかがでしょうか。

コメント(4)

前のアレですね。燃費は最近あんまり気にしなくなりました。なんてったって車乗ってないですもーん。実は飲み物代(補給食含む)をガソリン代として計算した場合、車より自転車の方が燃費が悪いってことには目をつぶってます。

自転車でも、あんま走ってない割にドリンクや補給食いまくる人を指して、燃費が悪いなんて云われちまうですよね(ゲラ

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年10月12日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「散歩」です。

次のブログ記事は「中国サイクルグランプリ参戦記」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。