古風なのが好きなのです

| コメント(4)

我が愛車、COLNAGO primavera。
今はPRIMAって名前になりましたが、これを買ってよかったと思います。
乗っていて大きな不満がありません。ロングライドからレースもこなしました。初めてロードバイクを買うならオススメですよ。
ただ、たまに他の人のカーボンバイクに乗らせてもらうと、アルミは細かい振動が気になるなぁ、と思ってしまいます。

カーボンかぁ。まだまだ人間を鍛える方が先だと思ってるけど、憧れます。

ところでカーボンの自転車は大きく2種類の製法があります。
一つはモノコック。全体で衝撃やら振動やら曲げ応力やら・・・を吸収します。軽量なフレーム(モノコックだからフレームってのもおかしいんですが)が作れます。
もう一つはカーボンのパイプをラグでつなぐ方法。クロモリのフレームと基本的には同じですね。

で、世の中の主流はモノコックになりつつある(もうなってる?)ようです。そりゃ同じ剛性ならより軽く作れる方がいいと思いますよね普通。

しかし、モノコックってどうしてもあのぶっとくなったり細くなったり、形がいろいろになるフレームが好きになれないんです。

ラグでつないだ方法だと基本は丸パイプですからフォルムが直線的なんですよね。個人的にこっちの方が好き。
(TIMEのRXRは丸パイプじゃないですけど・・・ついでに言うとLOOKの695もモノコックだと思ってたら、内部でラグ接合をして、その上をカーボンシートで覆ってるそうです)

そんな中、密かにLOOKの585がいいなと思っていたんですが・・・
2010モデルで生産終了だそうです(涙)。そりゃ6年くらい?ずっと販売してたんですから、「まだあったんか」というのが正直な所でしょうけど。

さあどうしよう。
585の在庫がないか探してみるか?(でもあったら買わなきゃいけなくなる・・・)
開き直ってクロモリを買うか?(これが一番現実味がありそう)
はたまた血迷って695を買うか?(さすがにこれはないな・・・)

こういう妄想を繰り広げるのも楽しいものです。

コメント(4)

確かに妄想コイてるうちが一番幸せですよね、世の中の色んなコト共通で。

厳しい現実をリアル体感しちまうと、見えなかった部分が見えて、ごにゃごにゃごにゃ…

また?、あそこに行くってことは超前向きなんでしょ?

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2010年11月 6日 22:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ステム換装」です。

次のブログ記事は「ちょっと冷静に考えてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。