走り続けていれば

| コメント(2)

もう3月も終わりになります。

春は進学や就職など、出会いの季節でもありますが、同時に卒業や転勤といった別れの季節でもあります。

僕の身の回りでも例外ではありません。
進学や家族の転勤、転職etc. で何人かの方と、せっかく知り合えたのに、離ればなれにならなくてはいけません。

淋しい話だよねぇ、と思っていたその時、ある方のことを思い出しました。


僕と前後してロードバイクを買った、同じ職場にいた方(ここではAさんとしましょう)のことです。
Aさんとは部署は違うのですが、たまたま同じ部屋に机を置くことになり、自転車の話でいつも盛り上がっていました。
二人ともロードバイクを買った後は、回数こそ少なかったですが、一緒にツーリングに行かせて頂きました。

ちょうど一年前ですが、Aさんは勉強のために二年ほど他県に行くことになりました。
しかも聞いた話では相当忙しい所らしく、自転車に乗る時間を確保するのは難しい、とのことでした。
最後にお会いしたとき、「帰ってきたらまた走りに行きましょう」と握手をして別れたのを覚えています。

今月の初めのことです。彼から一通のメールが届きました。
「富士ヒルクライムに出ることになりました。大会に向けてローラー台を買おうと思うんですが、どんなのがいいですか?」という内容でした。

そう、彼は故郷を遠く離れ、知り合いもいない中、僕より遥かに忙しい職場にもかかわらず、走ることを止めていなかったのです。
僕はAさんが仕事の合間を縫い、トレーニングに励む姿を思い浮かべ、自らが励まされる思いがし、また胸が熱くなってきました。
僕はおススメのローラー台について、自分が今どういうトレーニングメニューを組んで練習しているかを含めて返信しました。そして僕自身も、トレーニングに対するモチベーションが大幅に上がったのです。


この春、遠くへ行ってしまう皆さんにお願いがあります。

走ることを止めないで下さい。

疲れて歩いてしまったり、立ち止まってしまうこともあるかもしれません。かつて僕自身がそうでしたから。

それでも、走ることを完全にあきらめないで下さい。

自転車じゃなくてもいいんです、ランニングでも、水泳でも、仕事でも、手芸でも、英会話でも。


自分をより輝かせようと努力している限り、どんなに遠く離れていても、僕たちはずっとつながっている。


本気でそう信じているのです。

コメント(2)

ご無沙汰しております。
ローラー台はミノウラの固定式を買いました。(アドバイスありがとうございました。)週3回くらい、短い時間ですがローラー台乗っていますよ。
この職場に移って2年目、仕事の要領も得て、以前より余裕を持てるようになりましたので、天気の良い週末は外で走るようにしています。単身赴任ですから案外自由なんです。
石見に向けてどんどんパワーアップされているようですね。
僕も来年、広島でご一緒できる日に置いていかれないように日々努力致します。といいつつ、富士ヒルクライムに向けて決戦用ホイールなど海外通販で買ってみました。今週末、初めて新ホイールで走る予定なんです。
職場でロードバイクしている方と知り合え、その方々の誘いで5月は磐田市のスズキのテストコースで3時間エンデューロに参加するんですよ。事故なく走りきることを目標に初の集団走行を楽しみにしています。
また近況報告させて頂きます。
石見頑張ってください!!

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2011年3月27日 22:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「西日本チャレンジサイクルロードレース参戦記」です。

次のブログ記事は「頑張らないヒルクラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。