石見グランフォンド2011参戦記(雨のスタート〜桜江編)

| コメント(4)

5月8日、いよいよ待ちに待った石見グランフォンドの日がやってきました。

当日は5時に起床。顔を洗って着替えやら荷物の整理をし、ホテルの朝食会場へ。
朝食は5時40分からだったはずですが、5時半の時点でほぼ満席。我々も席を確保して朝食をとりました。

そしてホテルの玄関前にいったん集合。この時から雨が降り出しました。天気予報では午後から晴れるということでしたが、ということは石見高原林道は雨の中走らんといけんのか・・・
昨夜一緒に飲んでいたたむちょんさんと一緒に5人でスタート地点の久手海水浴場へ向かいました。

会場では荷物の整理、出走サインを済ませ、昨夜お世話になった方としばし歓談。
そうこうしているうちにブリーフィングが始まりました。

R0010807
雨のスタート地点

ブリーフィングが終わり、スタートを待ち構えます。ペースが速い人は自己申告で前の方に陣取ります。逆に140kmの人は後ろに行くようアナウンスがありました。
ふと見ると先頭の方にアカシロさんとガリレオ改めようちゃんの姿が。一体彼らはどんだけのペースで走る気なんでしょうか。

7時15分、いよいよスタートです。
先頭から10人弱くらいずつスタートして行きます。そしてついに自分の順番がやってきました。
石見参加を決意してからの練習のあれこれを思い出し、「完走できる」と自分に何度も言い聞かせました。

そしてスタート。
最初は大田の市街地を走行するので、信号がなくなるまでは追い越し禁止です。まぁたとえ追い越しても信号にすぐ引っかかるんですが・・・
信号がなくなった辺りでペースアップ。とはいえ序盤は飛ばさないように・・・と思うのですが、すでに結構な心拍数でして、やっぱりペース配分って難しいですね。

雨は霧雨から小降りという程度ですが、確実に体温や体力を奪われました。ちょっと下を向くとヘルメットに溜まった雨水がボトボトッとサイコンに降り掛かりました。霧で先が見えず、そうでなくても第1チェックポイント(CP)までは山をゆっくり登って行くコースなので先が見えません。サイコンの走行距離計だけが頼りです。

抑揚のない道をひた走り、8:43に第1CPに到着。
高山そば道場という所で、手打ちそばを頂きました。実は一時そばにハマっていた時期があるのですが、歯ごたえもしっかりしていておいしかったですね。自転車でなくても島根に行った時にはまた食べたいと思いました。
・・・が、とにかく雨が止みません。CPごとに台紙にスタンプを押してもらうのですが、雨でいきなりインクが滲んじゃう始末。サインシートも濡れてて字が書けません(泣)
トイレも1基しかないのでここはパス。第2CPの桜江は廃校になった小学校らしいですから、ここならトイレがたくさんあると期待して先へ進みました。

第1CPを過ぎてからは次第に道幅も狭くなってきました。
元々設定のルートが通行止めになったそうで、ガードレールのない谷筋を下って行きました。
途中落石に乗り上げてしまい、一瞬車体が制御不能に。山肌に突っ込みそうになりましたが減速してなんとか復帰しました。しばらく下ると道幅も広くなり一安心。

9:26に第2CPに到着しました。

R0010808
廃校になった小学校。現在は公民館として使われているようです。

ここでトイレを済ませ、パワーゲルもチャージ。気合いを入れ直していよいよ本格的な山岳区間に入ります。

・・・山岳区間編につづく。

コメント(4)

 スタートする前に、広町の皆さんを探したんだけど、ちっとも発見できませんでいたが、りゅうじさんからは、見えていたんですね。一緒に参加していたYCSCの方が先頭に場所をとっていた、消防署チームの知り合いで、「こちらへどうぞ」って声をかけられたので、ついついそちらに逝きました。
 それにしても、霧雨から小雨になって、苔や落ち葉のあるコースはヒヤヒヤしましたよ。落石で斜面とか衝突しなくて良かったですね。
 そば道場さんの所では、朝ごはんがお腹にたっぷり残っていて、食べようかとチャレンジはしましたけど、結局食べることが出来ませんでした。残念!!来年は朝食を調整しとかないといけんですw

なるほど。だからCP1で姿が見えなかったんですね。その判断は正解ですね。あのトイレ待ちの時間は相当なロスでした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2011年5月11日 03:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石見グランフォンド参戦記(前日編)」です。

次のブログ記事は「石見グランフォンド2011参戦記(山岳編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。