自転車を替えたら速くなるのか?

| コメント(10)

Masterを買って何だか金銭感覚がおかしくなったのかもしれません。

こんなものを買っちまいました。

Garminのサイコンと言えば、パソコンに接続して色々とデータを見ることができます。


「じゃあ、MasterとPrimavera、乗り比べたらどっちが速いんだ?」

というわけでやってみました。
2日間にわたって1台ずつ、心拍数が同じゾーンに入るようにしながら同一コースを走りました。

garmin_tc.png
クリックすると大きな画像が見られます。

赤いグラフがPrimavera(6700アルテグラ、ホイールはイーストンEA70x、タイヤはVittoria Corsa Evo CX 2)
青いグラフはMaster(カンパ・コーラス、手組み32Hホイール、タイヤはVELOFLEX Carbon)の結果です。


予想ではもうちょっと差が出るかと思いましたが・・・
タイム差は1分以内、誤差の範囲でしかありません。

注目して頂きたいのはこちら。

tc_speed.png

乗った感じはMasterの方が登りが軽快で、平坦はそれなりにリムハイトがあるPrimaveraの方が速いのかなぁと思っておりましたが・・・

気のせいでした(笑)


本当はタイヤの銘柄を揃えるとか、5回ずつくらい乗って比べるとか、もっと高い心拍数でも比べた方がいいんでしょうけど、ここまでそっくりなデータが出ると、これ以上やる気が失せました(笑)

まぁ僕のレベルだと機材の差なんてタイムには一切反映されないというのがよくわかりました。
カーボンディープリムは試したことがありませんが・・・

ただし、この2台、タイムは一緒でもフィーリングは大きく違います。
Primaveraはかなり振動が上がってきます。登りは古タイヤでも引きずってんじゃないかと思うくらい重いです。
対してMasterはめちゃ乗り心地がいいです。おそらくはVeloflexのタイヤが素晴らしいんでしょう。Vittoriaも高級チューブラーなんですがね・・・
下りもタイムは全く同じですが、実際乗った感じではMasterがかなりいいです。ものすごい安心感があります。


この結果についていろいろ考えました。
繰り返しになりますが僕ごときのレベルでは機材の差は関係ないというのがまず一点。
乗った感じとタイムは全く相関しないというのが二点目。
あとは、Masterだとクロモリだし何だかんだ言っても遅いと思っていたけど、そうでもなかったのが嬉しい誤算と言うべきか・・・微妙なところです。

あとは、できたらカーボンフレームも入れて検証したいところです。これも変わらんかったら、初めてロードを買う人には胸を張ってクロモリをお勧めできるのですが・・・やっぱりカーボンが速いのかなぁ。

コメント(10)

ハハハッ!!!らしいことやってますね。ガーミンは意外でしたけど。
これを換えたから速くなったってものは存在しない、換えたから速くなった気がするだけ。でも機材を換えるといっぱい走るようになりますから、精神的な支えであるのは間違いないと思います。結局、機材交換なんて走るモチベーション維持の手段のひとつであり、自分の考えを表現する手段だと思います。

兄さん、グラフが見れませんゼ...

よいですね。master-X。

まあ、実際差はロングライドにでないと分からないでしょう。100kmオーバーしたときの身体疲労と足の残り具合。。。

もしくはヒルクライム。。。

自分も同フレーム下で、アルミ+クリンチャー(カンパSHAMAL ULTRA+Schwalbe Ultremo R1 23C) vs カーボン+チューブラー(カンパBORA ULTRA TWO+Vittoria Corsa Evo CX2 21C)でタイム計測のみ、してみた事があります。何度か計測していないので信頼性は落ちるのでしょうが、あまりの僅差で、測る気無くしました(泣

グラフ見れました。サンクス。

サカイさんのコメントが的を得ていると思うですわ。
やっぱり人が8割、機材が2割なんでしょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2011年6月24日 23:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜクロモリなのか」です。

次のブログ記事は「次戦まであと1週間を切りました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。