中国サイクルグランプリ2011(後編)

| コメント(6)

昨日のつづき。

サイクルマラソン後、アカシロさんにタープを持ってきて頂いたので、芝生の所で広げました。
僕はキャンプ用の簡易ベッドを持参・・・本気で寝るつもりでしたが結局眠れず。
うつぶせになってふと膝を屈曲するとハムストリングに激痛が・・・(涙)

うだうだと過ごしていると、あっという間に次のビギナークラスの時間が迫ってきました。
サインを済ませ、スタート地点で待っていると、しばらく操作していなかったサイコンがスイッチオフ。
その場で再起動すると心拍計が混信するので、隣にいたHさんに自転車を持ってもらい離れた所でサイコンを再起動。

帰ってくると・・・あれれ?自分の自転車が最前列に(汗)やめてくれぇ〜。
よく分からないうちに最前列スタートとなりました。
まぁいいか、と気を取り直しスタートを待ちます。
カウントダウン開始・・・3、2、1、スタート!

よし行くぞ!と思った瞬間、まさかのペダルキャッチ失敗。やりなおしている間に一気に置いていかれました・・・
この瞬間だけですがTimeのiClicにしてやろうかと思いましたorz

まぁ気を取り直して下りセクションに入ります。
相変わらずコーナリングも下手です。ですが、今までなら集団がはるか彼方に行くはずなのに、今回は意外と近くを走っていました。

・・・なんか速くなってる?もしかして。
とはいえ集団には追いつくこともできず、結局はズルズルと位置を下げていくのでした(泣)
それでもすこしでも速く、と短い登りはダンシングで一気に登っていきました。
しかし後半の展望台への登りは何回登っても非常にキツかったです。後ろから一人追い上げられたのと、遠くからバイクの音が聞こえた(おそらく女子の先頭)ので、ほとんど意地で登り続けました。

展望台を登りきり下りで一気に加速!後ろから追ってきた人はついてきません。ああ、頑張ってよかったぁorz
しかしBORA効果なのか、下りと平坦は前より明らかに速い!コーナリングも安定感がありました。本当はもっと攻められるんでしょうけどねぇ。

ゴール手前の直線で前に一人選手が視界に入りました。が、さすがにそこまでたどり着くことは不可能でした。
が、とにかく目標達成のために全力で走りました。
そしてゴール!

タイムは23分33秒08。目標達成どころか23分台に乗っちゃいました。
1年前と比べて2分近いタイムアップに本人が一番驚きました。


サイクルマラソン、ビギナーと目標達成することができ、今回は大満足でした。
今年のレースはこれで終わり。年末までランニングなどを入れたオフトレ期間を作り、年明けからは西チャレに向けて再び調整を行おうと思います。
次の目標は22分台に乗せたいなぁ。そのためには登りをもっと鍛えないと。

コメント(6)

ビギナーとは名ばかりの銀河系レースでしたね~(笑)
ディープリムの効果は集団の中にいるとより発揮されますね。他の人より速度に伸びがあるおかげで前にぶつかりそうになって、ブレーキかけたために集団から千切れる要因にもなったのですが・・・この辺の下手くそさは要改善です・・・
軽量ディープリムは日常的に使って、独特の回転に慣れる必要があると思います。ごまかしの利かないホイールっていうのが、10ヶ月使って分かりました。ホイールの芯を外したときはあんまり前に進まない気がします。

昨年より2分近いタイムアップ!!サイクルマラソンの時にも思いましたけど、速くなっておられますよね。確かにホイール効果もあるのだとは思いますが、やはり日々の練習による結果だと思います。ホイールだけでタイムアップ出来るのであれば、おそらくロードバイクはツマラナイものになっていると思います。忙しい時間を縫っての朝練、夕練、野呂山通い。
 それにしてもマスターにディープホイール。。。相当目立ってましたよ。いけぴーさんも「マスターにディープは意外とありじゃね。ええよね」とお話になってましたよ。

目標達成おめでとうございます!!
やっぱり日々の努力が物を言いますね。
健脚コースのタイムが2分も縮まったと言うことは、ホイール効果以上にりゅうじさんの体力・脚力がレベルアップしたのだと思います。
皆様の激走で僕も燃えてきました! 来年はサイクルマラソンに出走します!

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2011年10月18日 22:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国サイクルグランプリ2011(前編)」です。

次のブログ記事は「流浪の旅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。