流浪の旅

| コメント(0)

自転車ネタからガラッと変わりますが・・・

今回は筆記用具のお話。

PCでの作業がメインというお仕事もあると思いますが、僕の仕事はまだまだ手書きの書類がメインです。
一日に大量の書類を書かなければなりません。
しかも複写の書類が結構多いのです。結構手が疲れます。

さらに、僕はもともと筆圧がかなり弱い方で、学生時代の鉛筆もBとか2Bを数本用意しておき、休憩時間にナイフで削る(鉛筆削りだとトンガリ過ぎてダメだったので)という生活を送っていました。おかげで今でも鉛筆削りで削ったのと一瞬見分けがつかないくらいナイフで上手く削ることができますw

で、仕事をするようになってからは油性のボールペンがメインの筆記用具になったのですが、これがどうも使いにくいのです。
書き味がネットリしてるし、安物はすぐ書けなくなるし、何より油性ボールペンで書いた自分の字が好きになれない・・・
そうは思いながらも10年以上使って来ましたが、とうとう我慢ができなくなりました。

そんなわけで新しい筆記用具を求める旅が始まったのですが、なかなか難航しております。

まず使ってみたのは万年筆。
筆圧が低い方が書きやすく、インクの濃淡が現れるので書いていて非常に気持ちいいです。
気持ちいいのはいいのですが、問題は複写の書類には使えないこと。これはボールペンとの二刀流で対応するしかないか。
それと、染料系インクだと耐水性がなさすぎる・・・試しに書いた文字に水をかけたら見事に消えましたorz
昔ながらのブルーブラックというインクを使えば耐久性が高いのは知っているのですが、一旦詰まらせると復活させるのは難しいらしく、手を出したことがありません。
あとは顔料系インクですが・・・これも使ったことはなし。


複写に使えないんじゃなぁ・・・というので試したのがゲルインクボールペン。
書き味は非常にサラサラです。顔料系インクなので耐久性も抜群。
ですが、書いた文字に濃淡が出ず(顔料なので当然なのですが)イマイチ楽しくないです。
それと、インクの出はよくサラサラと書けるのですが、若干サラサラ過ぎ?(なんて贅沢な奴だ・・・)
あとやっぱりボールペンのゴリゴリ感が残っていて、サラサラの中にゴリゴリが気持ち混じっていてどうもなじめないのです。
それからインクの減りが異様に速い・・・日に日にインクが減っていくのがわかります。油性ボールペンは相当長く書けるんですけどねぇ。
しかし複写に使えるのは基本的にボールペンだけですから、基本はこれを使うことにしました。

あとはサインペンの類ですが、仕事の書類にサインペンはちょっと憚られますので、これはなしかな、と。
というわけで、最近はゲルインクのボールペンを使っています。完全に満足しているわけではありませんが、時には妥協も必要でしょう。
そのうち耐久性の強いインクを入れた万年筆との二刀流になるかもしれませんが・・・

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2011年10月23日 08:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国サイクルグランプリ2011(後編)」です。

次のブログ記事は「嗚呼18T...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。