江田島LSD & 忘年会

| コメント(6)

土曜日は、広町.com 自転車部 2.0 の3周年記念ライド、の下見(ややこしいな・・・)というわけで、江田島に行って参りました。

江田島に向かうのは企画者のサカイさん、僕、それからアミヴァさん。

呉港でサイクルクルーズパスをゲットし、小用港へ向かいました。
どでかいタンカーが6隻くらいのタグボートに曳航されていましたね。あんなでかいの間近で見るのは初めてでした。

小用港に到着しましたが、実は小用に来るのは初めて。
江田島って車でもバイクでも何回も来てるくせに、決まった道しか通らないので、意外と知らないところが多いのです。

というわけでサカイさんの道案内で出発しました。
しびれ峠を越えて秋月の弾薬庫の近くを通り、大柿の柿浦から島の反対側へ。
ここからはひたすら海岸線を走りました。

途中のうどん屋でお昼を食べたのですが、何も考えずにスペシャルうどんを注文すると・・・デカイ(汗)
まぁ普段でもこれくらい食べるので問題ないやと思っていました。
が、再び走り出すと足が重い・・・意外とボディブローのように効きます。スペシャルうどんorz

しばらく海岸線を走ると、産業廃棄物の処理場を通って行きました。そして突然、防空壕にしか見えないトンネルが見えてきました。
そのトンネルを越えると半分にぶった切られた船が浮かんでいたり、陸に揚げられていたり・・・何だかシュールな光景でした。工場からはクレーンが動作中であることを知らせる「静かな湖畔」の間の抜けた音楽が、更にこの空間の異様さを引き立てていました。

今回のライドは、サカイさんに全部前を走って頂いたのですが、僕の方は後ろにしっかり付いて走る練習に専念しました。車間を詰めて走る時は、前の自転車の車輪ではなく、背中や肩の辺りを見るように。一瞬たりとも気が抜けません。
おかげで随分楽に走らせて頂きました。

海水浴場や別荘地を抜け、合正ガーデンで休憩。コーヒーにゆで卵、みかんまで頂いてめっちゃまったりとしてしまいました。今度は家族を連れてこようっと。
再び走り出すと島の中心部に戻り、商店が増えてきました。今度は術科学校の近くの交流館でしそジュースを頂きました。以前に他所のしそジュースを飲んだのですが、それ以上にしその香りが強烈でした。「思った以上にしそ、じゃね〜」という意味不明のコメントをしてしまいました。

交流館を出ると、すぐ近くに小用港があって、そこからフェリーで帰ることができるのですが、今回のメンバーは初心者ではないので陸路で帰ることにしました。
出発するとすぐにアミヴァさんがパンク。修理して再出発。
帰りもひたすらサカイさんに引いて頂いて、無事帰宅しました。

ここのところ寒いのと日が昇るのが遅いので、ローラー台ばかりでした。久しぶりに外を走ったのですが、やっぱり外はいいですね。サカイさんには終止いいペースで引いて頂き、いい練習になりました。ありがとうございました。


さて、夜は牛角で自転車部の忘年会。
ひたすら焼肉を食いまくる男達・・・
繰り広げられる会話もえらいマニアックでしたね。
クラフトさん、アカシロさん、僕、ZUNOWさんという席の並びがいけなかったかも・・・
僕とアカシロさんは、夏のはりちゅう遠征に行きましたが、二人ともあれで一皮むけた感がありましたね〜。ハイレベルな戦いで、あの時は一瞬来たことを後悔しましたが、強い人たちの胸を借りないと分からないこともありますよね。また来年も挑戦したいです。

ひたすら喋り倒して忘年会も終了。久しぶりに自転車漬けの一日でした。
今年もあと2週間を切りました。来年は年男です。
来年は走力もテクニックも磨けるよう、誓いも新たに頑張りたいと思います。

コメント(6)

朝の犬の散歩も来てくれれば良かったのに~(笑)
本物の犬に追いかけられるクラフトくんは、爆笑ものでしたよ。
りゅうじさんが後ろベタ付けだったのはそんな理由があったんですね。ベタ付けしてもらった方が、私も楽できるんで助かります。犬のベタ付けはちょっと怖いですがwww
パフューム、頑張ってください(笑)

パヒーム、踊るとこ観たいなぁ。
マジで、ビデオは撮らんのんかね。

今年はもう逢えそうにはないじゃないですか。
パヒームのせいで。。

ライドも肉も楽しそうだなぁ~。
行きたかった...

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2011年12月19日 23:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5分間瞑想のススメ」です。

次のブログ記事は「あけましておめでとうございます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。