今度は手組みで走ってみた

| コメント(0)

前回の記事でBORAを履いて走ってみましたが・・・

今度はいつもの手組みホイールで走ってみました。

乗り心地はやっぱり手組みの方が上でした。
まぁあんだけスポークありゃ当然だわな・・・

平地でしばらく走りましたが、スピードの伸びは当然ながらBORAの圧勝。
でも手組みも思ったより伸びます。僕の力でも35km/h巡航は何とかなる感じです。何分保つかわかりませんけど(汗)

登りもBORAの方が硬い分よく進みます。軽いですし。

下りのコーナリングも比較しました。
手組みでも十分にグリップ感というか、タイヤが路面に食い込んで「ギュギュギュッ」と曲がっていくのを感じることができます。
でもBORAだと更に上を行く安心感です。タイヤがガッチリと路面を捉えているのがよく伝わります。


やっぱり速さでは全ての領域においてBORAが上です。下りのコーナーでは特にホイール剛性の重要さを感じました。
手組みが勝っていたのは乗り心地くらいでした。

BORAの欠点を強いて言うと、ついついペースを上げてしまう事。
スピードが伸びるので気がつくと心拍数がエラいことになります。ペースを抑えて走るには相当の精神力が必要です。
手組みだと高速走行時は空気抵抗が急激に増えるので、結果として省エネ運転になります。


じゃあ手組みの方がロングライド向きなのでしょうか?
僕はそうとも限らないと思います。

距離が長くなるほど、スピードって必要じゃないでしょうか?誰だって日が暮れるまでに目的地に着きたいですよね。
逆に近所をサッと走るだけなら、ホイールは何を履いても変わりがないんじゃないかと思います。

普段の練習だとそんなにスピードを出せないことも多く、それでも体に負荷を掛けられる手組みがいいなと思いました。あとは平均速度が低くて加減速を繰り返すようなコースなら、足に優しいかもしれません。でもこれは程度問題ですよね。

ホイール一組だけ買うとして、完組みと手組みどっちがいい?と聞かれたら、一般的には完組みをお薦めします。まぁあんまり安いのだとどうかと思いますが・・・

僕としては従来どおり、普段の練習は手組み、気合いを入れんといけんときはBORAと使い分けたいと思います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2012年1月20日 23:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BORAで走ってみた」です。

次のブログ記事は「カート対決第2弾」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。