2012年7月アーカイブ

Bluetoothキーボードを買ってみた

| コメント(6)

自転車ネタにいいのを思いつかないのでこんな記事でお茶を濁します。

 

iPad(初代ですけど)を使っているのですが、タッチパッドで長文を入力するのはやっぱりしんどいんですよね。

 

というわけで、Bluetoothの折りたたみキーボードを買いました。3990円なり。

 

 

今こんな感じでブログを書いています。

キーボードはコンパクトなんですけど、キーがゴム製で、キータッチが悪いです。結構しっかり押さないとミスタイプをしてしまいます。

それでもタッチパッドで入力するよりははるかに速いので、これで使ってみたいと思います。

 

あ、それからブログエディタにBlogsyというのを入れてみました。

各種サービスと連携していて便利ですね。

フォトラが来た!

| コメント(2)

フォトラという照明機材を買ったので簡単なレポートなど書いてみようと思います。

小物の撮影など、皆さんはどのように撮影されますか?

P7093092

これは普通に部屋の蛍光灯だけで撮影した写真です。被写体は僕の机にあったケシポン。
まぁ、これでも十分に用は足りるんですけどね・・・

でも、よく見ると上からの光なので影がどうしてもできてるのがわかります。もっとよく見ると蛍光灯の形も写りこんでるし・・・
「もうちょっとどうにかなんない?でもプロ用のストロボとかは高くて買えないし、セッティングが面倒くさいしなぁ」と思っていました。

そんな時にフォトラの存在を知りました。「これは使えるかも」と思ったのですが、なかなか踏ん切りがつかず、1年近く迷ってようやく購入しました。
カメラを買う時は勢いで買っちゃうのにねぇ・・・

商品の内容は上のリンク先で見て頂きたいのですが、蛍光灯のボックスが2つ、グラデーションペーパーが1枚に固定用の台(といっても段ボール製)が一つです。

蛍光灯のボックスには乳白色のカバーがついていて、光を拡散させる働きがあります。さらに光を拡散させるためのカバーも付属しています。

で、一番手っ取り早いのは次の写真のように両サイドから光を当て、その真ん中から撮影する方法です。

Untitled

こんな風に撮れます。

P7093094

フォトラがすごいのは、この程度のライティングだったら、準備から撮影まで5分とかからないこと。撮影だけにあまり時間を割けないことも多いでしょうから、この手軽さは大きな武器になります。


今度は被写体の角度を少し変えて、立体と分かりやすくしてみましょう。
向かって右のライトを右奥に移動させ、適度に陰影をつけるのと、ハイライトを出すようにしました。

Untitled

そうして撮ったのがこの写真。

P7093096

やりだすと面白くなって色々やろうとしてドツボにハマる危険性を孕んでいるのが欠点といえば欠点でしょうかwww

手軽なのが最大の武器と言いましたが、逆に言うとちょっと凝った事をしようとすると置き方に制限があったりします。光量も調整できません。本腰を入れてライティングをしようと思うのならプロ用の照明機材の方が楽だと思います。プロ用の機材はまさにそのために最適化されているわけですから当然と言えば当然です。


でも工夫次第で色々出来るんですよね。
次はビーズのコースターを撮ってみましょう。

一台の蛍光灯ボックスを横にして、その上にコースターを置きます。ハイライトを出し、ビーズのキラキラ感を表現するために、もう一台を斜めから照らしました。

Untitled

その結果がこちら。

P7093102


繰り返しになりますが、準備から撮影までの時間がものすごく短いです。例えばオークションとかネットショップの商品撮影には最適なのでは?と思いました。(そんなのやったことないんですけどね・・・)
一方で凝ったライティングにはちょっと頭を使います。でも蛍光灯ボックスには三脚のネジ穴が切ってありますから、工夫しだいで色々できるんじゃないでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。