2012年8月アーカイブ

通勤ブラパチのススメ

| コメント(2)

ブラパチって何やねん、という話ですが・・・
要するに、その辺をブラブラしながらパチリと写真を撮る事です。

僕の通勤姿を見たことがある方は、「なんであいつはあんなにデカいカバンを持ってるんだ?」と思われるかもしれません。
そうは見えないデザインの物を使っているだけで、あれは立派なカメラバッグなんです。

毎日僕は通勤にもカメラを持ち歩いています。
決定的瞬間を逃したくないという思いが、肩への重みに勝ってしまいました・・・

最近、仕事の行き帰りに、寄り道しながら写真を撮る事があります。

あんまり小難しいことは考えず、目に留まった物、美しいと思った物を片っ端から撮って行きます。
すると、何故だか分からないんですが、心がスゥーッと落ち着いて行くんですよね。

これって鬱の人とか、PTSDの治療なんかにならないかな・・・と思っていたら、すでに実践されている方がいらっしゃいました。

というわけで、通勤ブラパチ、興味がある方は是非どうぞ。
カメラは何でもOKです。クラシカルなカメラの方が気分が盛り上がりますけどね。

鈴鹿の感想

| コメント(4)

一昨年に初めて行ったシマノ鈴鹿ロードレース。

 

一人ではあまりに遠征が大変すぎて、去年は参加を見送りました。

 

しかし!

今回はTEAM K_ABAというチームに所属し、仲間が増えたおかげで団体で遠征を組む事ができました。

一昨年は本当に孤独でしたからね・・・ありがたい事であります。

 

1日目にエントリーしたのは2周回のインターミディエイトと2時間エンデューロ。

一昨年のインターミディエイトは確か124位という結果でしたが・・・

今回は84位でした。一昨年より集団に残っている時間が明らかに長くなっていました。

 

2時間エンデューロは僕とトミ~さん、きこさんの3人のチームでエントリーの予定でしたが、きこさんが風邪でダウン。二人で走ることになりました。

のんびり走る予定でしたが、いざコースに出るとちょうどいい感じの小集団を見つけてはドラフティングに入って、結構頑張ってしまいました。

 

2日目はマスターズ30+のみエントリーしていました。

3周のレースでしたが、これは明らかに実力不足でした。自分の実力に合うクラスに出んといけんですね・・・_| ̄|○

 

 

ちょっとまだ疲れが抜け切っていないのと、あまり長文だと書くのも読むのもしんどいので(毎回同じような事書いてますしね・・・)今回は簡単に書いてしまいました。

 

 

ところで、僕は身体能力もないし、仕事の都合から練習にも制約が多い生活を送っています。

周りの速い人にはどうやっても追いつけないし、後から始めた人にも追い抜かれていくような状況で、「これ以上やる意味があるのか?」などと考えていました。

それでも、普段は気づかないような小さな変化かもしれないけど、積み重ねて行けば着実に進歩するのだと、今年の鈴鹿は教えてくれたような気がします。

 

 

ケンイチ隊長をはじめ、TEAM K_ABAの皆さんには大変お世話になりました。また来年も行きましょう!

それから、ブログやtwitterでいつもお世話になっているちあきぃさんに初めてお目にかかる事が出来ました。練習の邪魔をしてごめんなさいね。

 

その他、直接レースに関わってるわけではないけど、たくさんの人の支えがあったからこそ、今回の遠征を無事終える事が出来ました。本当にありがとうございました。

 

来年は更に上位を目指して、これからも練習を続けたいと思います。

もうすぐ鈴鹿

| コメント(10)

この週末は鈴鹿サーキットに行きます。シマノ鈴鹿ロードレースに出場してまいります。

 

一昨年は孤独な遠征でしたが、今年は10人程度の団体で行きます。

 

・・・ですが、今年はどうも調子が上がりません。もともと速くもないのに体重は増えてるし、追い込んだ練習もしてません。

記録向上を目指してガンガン練習するスタイルはやめにしました。ちょっとでも無理すると当分身体の調子が悪くなるし、機嫌も悪くなって人に当たってしまうので、このぐらいが僕の本来の姿なんでしょう。

ま、順位が低いだけで「来るな」と言われたわけでもないしね、などと開き直っております。さすがにダントツでビリになるようなら引退しますけど・・・

 

しかし、能力がないのは百も承知で、それでもレースに出るのはなぜだろうかと自分でも思います・・・やっぱり子供の頃からの憧れなのかなぁ。

 

溜め息しか出ない・・・

| コメント(4)
ライカのMモノクロームというデジカメがもうすぐ発売になります。

お値段は90万円くらいだそうで。しかもモノクロ専用だそうですよ奥さん。

カラーが撮れないのに90万、しかもAFもズームも(ていうかレンズ別売り)ライブビューもないこのカメラ・・・まさに狂気の沙汰としか思えない、こんなん誰が買うの?なカメラなわけですが・・・

モノクロ専用とした結果として高い解像感が得られるんです。
以下、専門職ではないので外している可能性もありますが、僕の理解はこんな感じです。

デジカメのCCDなりCMOSのセンサーって、実は明るさしか感知することができません。色は認識できないんです。
じゃあなぜ普通のデジカメはカラーで写せるのか?

実は受光素子の一つ一つにR(赤)、G(緑)、B(青)のフィルターを付けてあるんです。
そのフィルターが付いた受光素子はベイヤー配列という並び方で配置されています。
で、このままでは当然色の付いた画像として認識できませんので、デジカメ内部のコンピュータで色を作り出しているんです。

問題なのは、例えば細かい白黒の縞模様だと、コンピュータが色の境目を認識できずに変な色(偽色)を出したり、モアレという現象を起こしてしまいます。
それじゃあ困るので、通常のデジカメはどうしているかというと、受光素子の直前にローパスフィルターというのを入れて、わざと画像をぼかしているんです。一旦ぼかした画像をコンピュータで処理して、それらしい画を作り出しているにすぎないんです。

ちょっと前まではこの方法で十分通用していたんですが、最近、ローパスフィルターをつけないデジカメがいくつか出てきました。
偽色やモアレはソフトウェアで解決させるようです。

「だったら、いっそのことモノクロ専用にしちゃったらベイヤー配列とか関係ないしもっと解像度上がるんじゃない?」という発想なのがMモノクロームなのだと理解しています。

なんだかもう、値段と言い発想と言いぶっ飛びすぎちゃってますが・・・
でも、個人的にはそんなカメラが世界に一つくらいあってもいいんじゃないかと思います。
さすがにモノクロ専用で90万出すのは尻込みしちゃいますけど・・・

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。