スピードプレイで登ってみた

| コメント(6)

先日、ペダルをスピードプレイに変更しました。

 

やっぱり気になるのは、導入した理由の一つである「登りで膝の痛みはどうなのか?」というところ。

 

というわけで、昨日は野呂山へ行ってきました。

 

 

同行していただいたのは前回コメントを寄せていただいたアカシロ氏。

スタート地点である旧料金所に行くと、小学生の集団が登山を(もちろん徒歩ね)始めるところでした。

歩いて登るのも楽しそうだなぁ・・・と思っているとアカシロ氏登場。

 

しばし談笑して、ぼちぼち行きましょうかね。

5分ほどのハンデを頂きまして先発スタートです。

ペダルキャッチは少し慣れてきましたが、まだ一発じゃできませんね。

しばらくは調子良く登って行きました。

ハチマキ展望台を過ぎて、精神的にもしんどくなっていくところで、やっぱり左の膝が痛みはじめました。

まあやっぱりね・・・と思っていたら、後ろから気配が。

と思ったらあっという間にアカシロさんが抜いて行きました。

どう考えても追い付く事は不可能なので、黙々と登ります。

 

結局タイムは45分31秒。去年は40分切れたのにねぇ。今年は体重が増えたから仕方ないでしょう。

ハンデ10分くらいもらったら面白かったかも・・・

それはさておき、考察に入ります。

結局のところ、膝痛の原因は踏み込み過ぎというか高いトルクで長時間踏む事が原因ですから、コンパクトクランクにした方がいい気がします。もしくは楕円??使ったことないからよくわかんないですけど。

平地を走った時は、足が綺麗に回るようになったなと思いましたが、登りではよく分かりませんでした。

踏面が大きくなった効果か、足裏の痛みはありませんでした。

 

ただ、スピードプレイで許せないのはこれ・・・

 

クロモリフレーム+手組ホイールには死ぬほど似合いませんorz

 

とはいえ、走ってる姿じゃ分からないわけですし、もうしばらくはスピードプレイのままで様子を見ようと思います。

コメント(6)

 一緒に登るって楽しかったです。ありがとうございました。また是非お願いします~ 寒い時期なのに汗だくで登頂して、下りは震えながらとか最高に楽しかったです。帰ったらグッタリでしたよ。

スピプレのペダル本体ではなく、色が違和感の原因では・・・

 今度バイク交換して乗って見られますか~?

コメントする

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2012年11月 4日 14:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まさかの宗旨替え」です。

次のブログ記事は「インストール♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。